先日腹を痛めまして、更新する気力も失せてしまってましたが、まだまだ細々と頑張ろうとは思ってます。今日はちょっと時間がないので、備忘録程度にして、また記事自体を更新する予定。

 

で、今日の話はGoogleのトップから質問サイトへ行けるってコンテンツなのだけど、キャンペーンが衆議院議員選挙(略して衆院選?衆員選)と合わせたつくりになっててすげー、という話。

なんと動画出演者に須藤元気いとうせいこう(!)まで出ておるよ。

 

いとうせいこうの動画は迫力があって政治家には見てほしい

 

 

素直な質問ってよいよね↓

 

動画のリンク先YouTube上ではいろんなコメントがされてます。他でも、政治評論家やニュースキャスターではない、アーティストやモデルが発言し始めたということが画期的だ、という感じ。

 

でもちょっと待てよとも思う。いとうせいこうに関して言えば、イラク戦争のときに反戦T運動とかしてたし。

ネットが生活者の意識を革命的に変えた!というのはまだ時期尚早な気が割としていて、がために個人的にはネット万歳!というふうには思わない自分もいたりするんですよね。

ただ、いとうせいこうや須藤元気の脳みそにネットが追いつくと、どんどん受け手の考え方も変わってくることは事実で、それがコミュニケーションツールとしてのインターネットの今の立ち位置だと思います。(今までより爆発的に増加した、とは言っても)まだまだ少数派の発信者と大多数の受け手、という構造はある気がする。

しかしこの人選は巧い。人選の仕方ひとつ取ってみても、ネット的な感覚というのは、何となく感じます。テレビではあまりやらないよね。NHKではやるかもしれませんけど。

さて名古屋の選挙はどうなりますかね。