面白い記事を見つけました。

 

・本のカバー、どうしてますか? from Excite Bit コネタ

 

書店で本を買うと、僕はブックカバーは外してもらうようにお願いするのですが、割と一般的な傾向のよう。確かに、文庫本なんかは、既にカバーがついているのところにカバーをつけることになるので、ある意味無駄な部分なのかもしれません。

お気に入りの(例えば皮革とかの)カバーであれば付け替えて使い続ける方も多いのではと思うのですが、ペラペラの紙だとどうしても捨てるときのことを考えてしまいます。

がしかし、ほとんどのお客さんがブックカバーを希望する本屋もあるそうです。それが関東を中心に展開している本屋、有隣堂さん。全10色のブックカバーをサービスで付けているらしいのですが、そのきっかけは「お客さんと会話するきっかけをつくって、ファンを増やしたい」ってことなんだそうな。

 

有隣堂

 

小売業って、こういうほんのちょっとしたサービスが、好感度を大きく左右するものなのかもしれません。確かにカラフルなブックカバーって、結構いいなあと思います。