ネット広告から話が逸れますが、WIRED VISIONの特集記事がとても素敵な感じだったので引用します。すごい。。。

・Decode Exhibition Points Way to Data-Driven Art from WIRED VISION

「Decode: Digital Design Sensations」というロンドンで開催中の展覧会らしいのですが、どうもデジタルデータをもとにアートをつくる!ってのがコンセプトで、“情報を可視化する”ってのがテーマらしい。展覧会の紹介ページも、何かかっこいい。

decode | V&A

“Decode is about demystifying the black art or magic of digital while showing that this work can be poetic, emotional and poignant,” show co-curator Shane R.J. Walter told Wired.com in an e-mail interview. Walter, creative director for the OneDotZero digital arts site, said the exhibition pieces “highlight issues in our everyday lives such as the overabundance of information and how we deal with this through data visualization.” The Decode artists, he writes, “use code as a material to work with just as sculptors work with clay.”

 

Twitter関係ならこれ。「Social Collider」は、Twitter上に流れるメッセージをユーザー名や話題で追跡し、点と点をカラフルなラインで繋いでいく。話題がスピンしたり、ジャンプして派生したりする様子が、とても綺麗な繋がりになって現れます。

Social Collider(←遊べます)

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

“テキストを表示する”っていう部分で言えば、チャットの様子を視覚化するのも面白そう。公開チャットからテキストを収集して、その流れをパース、ソート、解析して、231台の真空蛍光ディスプレーに再生する「Listening Post」。

「Listening Post」

Mark Hansen and Ben Rubin: Listening Post, Real-Time Data Responsive Environment 2001

http://www.youtube.com/embed/dD36IajCz6A?rel=0″ frameborder=”0″ width=”500″ height=”375″>

 

Takeawayfestival 08 – Listening Post, part 4

http://www.youtube.com/embed/aIhtW5vMcXg?rel=0″ frameborder=”0″ width=”500″ height=”375″>

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

24時間の飛行機追跡データを基にしたアニメーションビデオ「Flight Patterns」もすごく綺麗。制作者Aaron Koblin氏のサイトもかなりかっこいい。

Flight Patterns by Aaron Koblin

http://www.youtube.com/embed/ystkKXzt9Wk?rel=0″ frameborder=”0″ width=”500″ height=”281″>