ネット広告というか、クリエイティブの話ですが、人を惹きつけるのはやっぱ“美しいもの”だったり“ショッキングなもの”だったりします。

パリの街中で行われた美しくも考えさせられるOOH(屋外広告)です。

 

Solidarités International: Water talks

http://www.youtube.com/embed/u2B9U3KO65w?rel=0″ frameborder=”0″ width=”500″ height=”281″>

 

広場には綺麗なシャワーで模様を映し出すセットがあって、道行くひとたちはみんな惹かれて足を止めてします。でもシャワーが映し出す文字はとても残酷なもの。誰もがハッとしてしまう内容です。

 

I KILL MORE THAN AIDS

(私はエイズよりも多くの人を殺している。)

I KILL MORE THAN WAR

(私は戦争よりも多くの人を殺している。)

I KILL MORE THAN CANCER

(私はがんよりも多くの人を殺している。)

I KILL 15PEOPlE EVERY MINUTE

(私は1分ごとに15人の人を殺している。)

I AM THE LEADING CAUSE OF DEATH IN THE WORLD

(私は世界中で死をもたらしている。)

I AM UNSAFE DRINKING WATER

(私は安全ではない飲み水です。)

 

世界では毎年、約800万人もの人が、汚れた水を飲んで死んでいるそうです。

ただ単にテレビの投下量で叫んだり、綺麗なビジュアルをつくるだけじゃなく、更に心に響くメッセージだなあと思いました。考えさせられる広告が一番強いね。