おやすみ前ポスト。ネット広告というと語弊があるのですが、以前にも記事に書いた、Social Media Revolutionという動画がヴァージョンアップしてるみたい。なんだかカッコ良くなってますね。

 

Social Media Revolution 2 (Refresh)

http://www.youtube.com/embed/lFZ0z5Fm-Ng?rel=0″ frameborder=”0″ width=”500″ height=”281″>

 

以下、邦訳でございます。

 

●2010年にはGeneration Yの人口が団塊の世代の人口を超える。

●Webにおいて、ソーシャルメディアはポルノを超えた。

● 昨年米国で結婚した人の8人に1人はソーシャルメディアで出会った。

●5000万人ユーザーに達するまでかかった年数。ラジオ:38 年、テレビ:13年、ネット:4年、iPod:3年。Facebookが1000万ユーザーに達するまでにかかった期間は9ヶ月弱。iPhoneアプリは 10億個に達するまで9ヶ月弱だった。

●もしFacebookが国家だったら世界4番目。

●2009年に米国の文科省が発表したところによると、オンラインで教育を受けた人の方が、対面で教育を受けた人より優秀だったそうだ。

●高等教育を受けている人の6人に1人がオンラインで教育を受けている。

●80%もの企業がLinkedInを使って求人活動をしている。

●アイルランドやノルウェイ、パナマの人口よりも FollowerがいるTwitterユーザーがいる。

●80%の人がTwitterをモバイルで使っている。

●Generation YとZにとってメールは過去のものになりつつある。2009年にはBoston Collegeでは新入生にメアドを配るのをやめた。

● 世界で2番目に大きな検索エンジンはYouTube。

●ソーシャルメディアのスピードのおかげで、いまや「Word of mouth(単なるクチコミ)」は「World of mouth(クチコミというひとつのネットワーク)」になった。

●Facebookのスペイン語版はユーザーがみんなで翻訳した。かかった期間は4週間。Facebookのコストはゼロだった。

●世界の20大ブランドについて検索すると、その結果の25%はソーシャルメディア。

●34%のブロガーが製品やブランドについて投稿している。

●人々はGoogleの検索ランキングよりも、ソーシャルメディアによる評価の方を気にしている。

●従来のTVキャンペーンで効果が出ているのは18%だけ。

●Jeff Bezos(Amazonの社長)によると35%の書籍販売はKindle向け。

 

広告というより、どんどんコミュニケーションのハブとなるデジタル技術としてのネット、って感じになってるのが怖いくらい分かります。