次世代ウェブ構想の領域において、HTML5を推すAppleと自社のFlashを推すAdobe Systemsの攻防が続いておりますが、ちょと気になったニュース。

 

Flash広告を自動的にHTML5に変換する仕組みをAdobe Systemsが開発したようです。開発協力は、モバイル広告ネットワークのGREYSTRIPE。英語なんですけど、読める方は是非。

 

・GREYSTRIPE COLLABORATES WITH ADOBE TO DELIVER MOBILE ADS

・Adobe Teams With Greystripe On iAd Rival

 

でもさ、よく考えたら、結局HTML5に迎合してね?という感がなくなないような気がします。HTML5のほうがオープンだし(世界標準の)、そのアドバンテージはあるよなあ。今後、FLASHを用いたウェブサイトも少なくなってくるのかもしれません(割とマジな予想)。

 

Adobe SystemsとAppleの攻防に関しては、TechWaveの以下の記事が分かりやすいです。こちら日本語ですので是非。

 

・FlashをめぐるAppleと Adobeの対立 from TechWave

 

Appleというかスティーブ=ジョブスの主張も割と分かる気がする。まあ主導権争いなわけですが、個人的には標準規格であるHTML5のほうが、今後増えていくんじゃないかって気はします。