週刊ダイヤモンドでもTwitter特集が組まれたり、(やっとですが。。。)何かと話題の“ソーシャルメディア”ですが、Googleにまた新しい動きが。ということで備忘録ポストです。

 

・Facebook の元CTO曰く: Google Meは噂ではなく事実であり標的はFacebookだ

 

FacebookのCTOを何年も務めて今ではQ&AサービスQuoraのファウンダであるAdam D’Angeloによるコメントの抜粋はこのような感じです。

 

・これは噂じゃない。本物のプロジェクト。
 たくさんの人がプロジェクトに参加してる。

・Googleは、Buzzだけではだめだと悟った。

・だから完全で最高級のソーシャルネットワークを作ることにした。

・お手本はFacebook

・このプロジェクトは、これまでと違ってGoogle内部のプライオリティも高い。

・大きくなったFacebookは成長が鈍化するっていうGoogleの予想は外れた。

・実際にはFacebookの成長は止まらず、Googleにとって真の脅威。

 

なぜFacebookはGoogleにとって脅威なのか。それを知るのに格好の材料がネット上に落ちております。それが、”Bridging the gap between our online and offline social network(オンラインとオフラインのソーシャルネットワークのギャップを埋める)”というプレゼン資料。Paul Adams(Resarcher,Google)によって公開されたものです。図解が非常に分かりやすくて、違う意味でも参考になります。

 

企業から見て、伝統的な影響力のあるメディア、もしくはターゲットがいないところに投資するだけの価値はあるのでしょうか?広告は誰かのネットワークの中にあるべきでしょうか?

 

最近更新された資料は↓こちら

Bridging the gap between our online and offline social network

前の記事ひらめき☆マンガ学校のこと
次の記事色で攻めろ!名古屋でやりたいネット広告とか