Twitterばっか更新してすみません。面白いこと考えるのはよいが、実際に実施するためにひとを動かしていくのってやっぱ難しいなあとか、最近思います。時間をもっと上手に使えれば、記事ももっと書けるかと。

 

言い訳はそれだけなんですけどね。

 

あともうひとつ言い訳するとすれば、機材いじるのが楽しすぎてブログのネタをあまり拾えていないってところでしょうか。

 

Richie Hawtinイケメンですね

 

Richie Hawtin チュートリアル vol.1:セットアップとエフェクト(吹替版)

 

セッティング的にはこんな感じです。

【turntable】

・Technics – SL-1200MK6

 

【mixer】

・Behringer – DDM4000 Digital Pro Mixer

 

【software】

・Native Instruments – TRAKTOR Scratch Pro

 

【Controler】

・Native Instruments – TRAKTOR Kontrol X1

 

・Allen&Heath – Xone:1D

 

これでもう部屋でタバコとかすいながら、お酒なんかも飲みながらダラダラDJできるという最高のワークステーションができました。

夜遊びを覚えて、かれこれ10年以上経っての完成形といったところでしょうか。音楽に関する企画でひとつ面白いことを思いついたので、早速作業したいと思っています。それでわまた。

 

DJ関連記事の連載一覧

PCDJ入門シリーズ 目次

DJ用語集 目次

分からない用語はこちらでチェックしてみてください。

シリーズ「What to Play」のDJ論

DJの歴史や考察についてはこちら