チャットルーレットというライブチャット用のサイトがあるのですが、仕組みがとても面白く「接続される相手が繋がるまで分からない」というシステムで、欧州やアメリカは勿論、日本でも勢力を伸ばしつつあります。Skypeのサービスが「友達と繋がるため」だとしたら、チャットルーレットは「偶然出会う不確実性を楽しみにする」ってとこでしょうか。まあただ、外国人ばかりなので、英語ができないと少し不自由するかもしれませんが。

・http://www.chatroulettes.us/

 

そんな話題のチャットルーレットですが、最近話題のネット広告キャンペーンがこちら↓これは怖い笑。

 

The Last Exorcism – Chatroulette raw video

http://www.youtube.com/embed/FIxCOZulLTo?rel=0″ frameborder=”0″ width=”500″ height=”375″>

 

チャットルーレットで美人な女性と繋がったと思ったら、いきなりゾンビ化して襲いかかってくるという笑。
これ実は「The Last Exorcism」っていうホラー映画のバイラルキャンペーンの一環で、ドッキリのあとには映画の公式サイトのURLが現れるようになっています。

 

URLが現れて「ドッキリ大成功!チャンチャン」的な感じになるのだけど、これは繋がっちゃうとビックリしますよね。チャットルーレット自体、相手は自分のと同じくネットユーザーの誰かだろうと言うイメージが強いので、見た瞬間はかなりの衝撃だと思います。サービスの特性を利用した上手いネット広告というかバイラルキャンペーン。

 

コストをかけずに、メディアの中に仕込んで効果を最大化するって手法がすごく良いアイデアだなと思います。名古屋とかローカルでも全然できるよね。

<参考>
・【速報】驚異的バイラルで話題騒然, Chatroulette [チャットルーレット] が凄い件