小学生の頃からラジオのハガキ職人、もといFAX職人だったのですが笑。もともとダンス・ミュージックをよく聴くのだけど、学生の頃からずっと聴いているラッパーというのがいて、2PACという黒人ラッパーは好きです。

 

■2パック(2Pac 本名:Tupac Amaru Shakur)※Wikipediaより

幼少期をブロンクスで過ごし、1991年、「MCニューヨーク」というMCネームでデジタル・アンダーグラウンド(Digital Underground)の一員として「Same Song」でレコード・デビュー、その後「2パカリプス・ナウ」で2パックとしてソロ・デビュー。1992年には近代ブラックムービー「ジュース」に出演、俳優としても成功し、注目される。

大ヒットアルバム『オール・アイズ・オン・ミー』発表後、出所前に獄中で読んだ本で出会ったイタリアの政治思想家、マキャベリに感銘を受け、自身のアーティスト名を「マキャベリ(Makaveli(The Don Killuminati))」と改名。

1996年9月7日、ラスベガスで友人でもあるマイク・タイソンのファイトを観戦後、横付けされたキャディラックからの銃弾を4発被弾し、同月13日死亡。25歳没。ノトーリアス・B.I.G.と並び、アメリカ東西海岸ヒップホップ抗争の犠牲者と言われている。

 

いまHIPHHOPというと、わりとメジャーなジャンルですが僕が2PACを聴き込んでいた小学生〜中学生の頃は、けっこう“不良が聴くジャンル”的な偏見が強くって(まあ今でもある意味そうだが)、周りで2PACの話題をするのもほんの一握りでした。最近のHIPHOPが良いとか悪いとかって別に思いませんが、昔の名盤ってのも少し聴いて欲しいもんだなあなんて思う。僕はいまだにベストアルバムとか聴いてしまいます。

 

なんで偶然2PACの話をするかというと、偶然ある記事を発見したから。

・RAP’S TUPAC DIES – 子供が描いたTupacの似顔絵Zine

 

死んでもなお影響力をもつ人ってのはすごいですね。一ファンとして、命日の13日には特集とかちゃんと組んで欲しいなあとか思う。

 

2Pac feat. Digital Underground – I Get Around

前の記事Beat it(China ver.)-ユーザ・ジェネレイテッド・コンテンツとか-
次の記事ネット情報過多時代の交通整理と、次世代プラットフォーム