先日先輩と話していて、「これからは共感からコミュニケーションが始まる時代だから」というようなことを、(確か)言ってました。

 

マーケティングは製造業の供給側が主導権を持った時代から消費者主導になったとか言われるけれど、何となく僕は「ブランド回帰」っていう流れになるんじゃないかなあなんて思ったりします。それもこれまでの押しつけがましいブランドイメージじゃなくって、ある程度“遊び“というか“ゆとり”をもったブランドに、生活者が参加していくようなそんな感じ。

そこでフックになるのが、そういった共感とかイメージの共有だとか、そんなとっかかり何じゃないかなというのが自分なりのイメージ。

で、本題です。素敵なiPhoneアプリを見つけたので共有します。その名もEndless Smile。ユーザーの思う“スマイル”を共有するアプリで、画面からスマイルマークを描けたり、各国ユーザーの“スマイル”を見ることができます。何てことない無料アプリなんだけど、見てるだけで何だか癒されます。。。

 

 

このソフトはみんなが思い描く“スマイル”を描いたり見たりできるアプリです。同じスマイルなのに、人や国、文化によってきっと絵に違いが出てくるでしょう。その違いを楽しんでもらえるとうれしいです。

 

 

笑顔を共有するって、ポジティブでとてもいいアイデアですよね。僕は早速ダウンロードしてみましたが、みんなにも使ってもらえると嬉しいです。無料アプリなのでこちらからどうぞ。