先日、営業さんと飲みに出かけたのですが、疲れが溜まっていたせいか2件目でダウン、便所でゲロってしまい仏のような皆さま方に運ばれ、翌日ベッドで目を覚ましました。覚えてなかったことにします。

 

さて本題です。Facebookへ投稿したところ、ものすごい反応でしたが、先日ついにiPad2を買ってしまいました。。。汗

主な理由は統計向けのアプリを使いたかったからです。

 

 

http://www.youtube.com/embed/VjtPR6KKrqI?rel=0″ frameborder=”0″ width=”500″ height=”281″>

 

このMCS Elementsっていうアプリ、超便利。仕事でメディアプランを立てるとき、通常は「◯◯に興味が高い人がターゲット」→「ターゲットはおそらく30代男性?」→「じゃ、メディアは◯◯」という順番で考えるのが普通なのだけど、MCSを使うと、「iPhoneユーザー→メディアは◯◯」ってな具合に一発で参照できます。これは革新的。またメディアも新聞や雑誌、PCメディアにとどまらず、行動パターンやいろんなデータを確認することが可能。凄まじく使えるので、会社に持っていってみんなに使ってもらうことにします。

 

・僕と月刊ASCIIとiPad または、僕が10,000円のアプリを作った理由

 

はっきり言ってiMac、MacBookPro、iPhoneをTimeCapsuleのネットワークで束ねている身としては特に必要ないんじゃないかな、と思って買ってなかったです。まず金もないし。。。汗。

でも実際使ってみてびっくり。結構便利。よくカフェなんかでiPad使ってるひとがいるけど、僕の場合は外出するときのツールっていうよりリビングやベッドで使うほうがしっくりくるみたい。

MCS以外で、今のところiPhoneとは別で新しく入れてみた便利なアプリはこんな感じ。

 

TEDトークを日本語字幕付きで観れるiPad用アプリ。

公式アプリ、普段はHootsuiteだけどこっちも使いやすそう。

英紙Guardianが提供するアプリ。普通のニュースアプリと違って、ダイナミックで美しい写真が中心のニュース。

Googleカレンダーとも同期可能な無印良品のカレンダー、シンプルでオシャレ。

iPhoneでも使ってるGoogleReader閲覧用のアプリfor iPad。むっちゃ使いやすい。

一枚のメモをいろんなアプリに飛ばせる便利なメモパッド。

ブレストに便利そうなボードアプリ。付箋をはったり、落書きしたりできて便利。

マインドマップ作るのに便利なアプリ。テキストやイラスト以外にも写真まで貼付可。

HTML5の参照アプリ。

 

何かええ感じのアプリあったら教えてくださいな。