以前に「なるほど面白い」と思ったのですがどこにもシェアしなかったのでブログへ載せておきます。

 

 

共同研究の世界的つながり
上の画像は、リサーチ・アナリストのOlivier H. Beauchesne氏による入選作品だ。
2010年12月に公開された、『Facebook』ユーザー5億人の「友達」関係を表わしたマップに着想を得て、2005年から2009年の間に行なわれた国際共同研究を視覚化した。
1本1本の曲線は、異なる都市にいる科学者間で行なわれた共同研究を表現している。米国、欧州、日本が濃いノードになっていることがわかる。
共同研究の情報源は、学術雑誌で有名なオランダのElsevier社が提供する『Scopus』データベースに収められている研究論文や書籍、業界誌だ。

 

・アートとしての「知識マップ」、入選作ギャラリー