相当迷惑なプロモーションですが、「自分が困る」ことで初めて自分事化させるブラジルのプロモーション事例。

 

エレベーターが突如ストップ。乗っているひとたちは身動きがとれなくなってしまいます。

 

 

仕掛人側としては“してやった感”があって楽しそうですが、やられたほうはイライラして動物保護どころじゃねえよ、とか文句言われちゃうかもね。