アルキメデスは古代ギリシャの数学者。その写本を再生するプロジェクトがTED Talkで紹介されてて、すごく面白かった。

 

http://embed.ted.com/talks/lang/ja/william_noel_revealing_the_lost_codex_of_archimedes.html” frameborder=”0″ scrolling=”no” width=”560″ height=”315″>

 

・ウィリアム・ノエル:失われたアルキメデスの写本の解読(TED)

・Archimedes(Wikipedia)

 

歴史的な資料をまとめたり保存したりするのって、すごいコストがかかるわけで、財力のある理解者がいないとなかなか進まない。企業の取り組みでやるなんて、普通はできないから。だからこの動画に出てくるWilliam Noel氏を中心としたプロジェクトメンバー、すげえええとか思ったんですが、Googleも「Google Cultural Institute」っていう同様の取り組みを行ってて、規模も大きくてもっとすごかった、っていう話です。

 

 

・Google Cultural Institute

・20 世紀の歴史的資料をオンラインで(Google Japan Blog)

 

Googleはこれまでいろんな資料をアーカイブしてますが、ジャンルも多種多様ですごいなと感心する。高校生とかがこういうサイトにアクセスできるいま、自分だったら一日中読みふけってるかもなあ、なんて。例えば、死海文書。

 

http://www.youtube.com/embed/5rYj_0foJYA?rel=0″ frameborder=”0″ width=”627″ height=”353″>

 

ネルソン=マンデラのアーカイブ、

 

 

ノルマンディー上陸作戦の資料 まである。

 

アート系ももちろんあります。個人的にはバスキアとかちょっと前のひととか、現在進行形のアーティストも増やして欲しい。

・Art Project – Cultural Institute