水をかけると電気が通って明かりが灯るボード。綺麗。

 

http://player.vimeo.com/video/47095462?title=0&byline=0&portrait=0&color=bababa” frameborder=”0″ width=”627″ height=”352″>

 

The “Water Light Graffiti” is a surface made of thousands of LED illuminated by the contact of water. You can use a paintbrush, a water atomizer, your fingers or anything damp to sketch a brightness message or just to draw. Water Light Graffiti is a wall for ephemeral messages in the urban space without deterioration. A wall to communicate and share magically in the city.

Water Light Graffiti is a project of Antonin Fourneau (atocorp.free.fr/)

Engineer : Jordan McRae

Design Structure : Guillaume Stagnaro

Graffiti performance : Collectif Painthouse

Assistant team: Clement Ducerf and all the ArtLab volunteers

ArtLab Manager: Jason Cook

Production Digitalarti (digitalarti.com)

 

紹介しているのはデジタルアートを紹介しているdigitalarti.com。手がけたのは、Antonin Fourneauというフランスのデジタルアーティストの方らしいです。

LED照明をセンサーと一緒に大きなボードに並べ、水を吹きかけると反応するようにプログラミングされてるみたい。動画のなかでも、子どもから大人まで楽しそうに遊んでるのがいいですね。水の量によっても明るさがかわってくみたい。

 

digitalartiでの紹介ページはこちら。

・Water Light Graffiti, created by Antonin Fourneau in the Artlab

 

Antonin Fourneauさんのサイトとブログはこちら。 こういうの作ってるひとのブログって、図画工作的な楽しさがあっていいよね。

・ATOindex

・ATOBLOG

 

digitalarti、初めて知りましたが面白そうなサイトでした。

 

・digitalarti.com