高野山に行きたいなあと思っている次第。

 

 

高野山は、和歌山県伊都郡高野町にある標高約1,000m前後の山々の総称。平安時代の弘仁10年(819年)頃より弘法大師空海が修行の場として開いた高野山真言宗、ひいては比叡山と並び日本仏教における聖地である。現在は「壇上伽藍」と呼ばれる根本道場を中心とする宗教都市を形成している。山内の寺院数は高野山真言宗総本山金剛峯寺(山号は高野山)をはじめ117か寺に及び、その約半数が宿坊を兼ねている。

平成16年(2004年)7月7日、高野山町石道と山内の6つの建造物が熊野、吉野・大峯と共に『紀伊山地の霊場と参詣道』としてユネスコの世界文化遺産に登録された。(Wikipedia

 

奥之院の霊場には地下があって、入れるらしいと常連の飲み屋で聞いた。

 

 

 

 

山登りグッズを久しぶりに引っ張り出してみたりしている今日この頃。雪が深く積もる1月には行きたい。

 

・高野山の冬 : KIKUOの旅日記

・高野山 Part 1:風景との一会

・南海高野ほっと・ねっと お山の魅力まるわかりガイド 南海電鉄