akamilogo

 

ばるぼらさん

ばるぼらさんというひとが、います。

 

ばるぼらは、自称「ネットワーカー」。本名未詳。

「ばるぼらアンテナ」等、多数のサイトを主催し、インターネットについての情報等を収集・分析する。

自身のサイト「教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史ヽ(´ー`)人(´ー`)ノ 」上に発表していた内容を、2005年に『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』として刊行。「ユーザーの立場から見たネットの歴史」を詳細に描き、大きな反響を呼ぶ。インターネット及び1980年代以来の日本のサブカルチャーに詳しく、その後も、情報量の高い著書を続けて刊行している。(Wikipedia

 

かなり有名な方なのですが、僕はつい最近まで知らず。。

 

赤身レコーズ

そのばるぼらさんがやっているプロジェクト(もう終わっちゃったけど)で、赤身レコーズというのがありまして、いろんな方々の音源、コミックなどを発表しててコレが結構面白い。

 

一番面白いと思ったのはこちら。個人創作漫画サークル「chapter22」主催の高野雀さんによる書き下ろし作品。

 

[AKA-099] chapter22 – バンドをやってる友だち。

aka099

 

赤身レコーズ第99弾は[AKA-091]から一か月ちょいぶりとなるchapter22の漫画作品をリリース! 2009年に同人誌でリリースされ何度か再販されたロングセラー作品が赤身から電子書籍化!! (紙版は現在通販で買えます) それぞれの生活が交差する人間交差点ことコンビニでバイトしながらバンドをやっている男子3人の生活を描く良作です(ゆらゆら帝国のカバーではありません)。最後のページに作者からの最新コメント付!

「これがリアルじゃないなら、なんだって言うんだ」──遠藤はテクノ、岡田はバンド、鴨下はヒップホップ。同じコンビニでバイトをしてる若きミュージシャン三人は、今の自分を肯定する理由を探しながら、表現者なのに表現したいものを探しながら、それぞれの音楽を続けている。諦められないものを抱えながら生きる道を選んでしまったら。コンビニ店員の事務的に見える笑顔も、背景にこんなストーリーがあるなら悪くないのかも。

 

連載終了してますが(汗)、高野さんはWEBスナイパーという媒体でも連載していた作品がまだ閲覧できます。これもオススメ。

 

食卓リンガフランカ – WEBスナイパー

食卓リンガフランカ

 

ばるぼらさんの著書

ばるぼらさんのこれまで出版されてるものも面白そう。「渋谷発ポップ・カルチャーの源流」はちょっと買ってみます。

 

 

 

 

・chapter22 – バンドをやってる友だち。 | 赤身レコーズ

・www.jarchive.org

 

おまけ

ゆらゆら帝国のほう。