仕事の一貫で、自分の信条を日本的なものに喩えた1枚資料をつくっている。

 

デザインやコピーライティングは「つくるもの」自体を何かに喩えればいいからけっこう簡単な気もするけど、マーケティングやプランニングは「問題へのアプローチそのもの」をものに喩えないといけないから、実はちょっと難しいんじゃないか、と思いながら何がピッタリなのかダラダラ考えています。

 

例えばこんな感じだろうか。

 

Planner_Branding

 

ややこしい世の中も、大事なことってだいたい三つぐらいしかないと思う。