ここ1ヶ月ぐらい「帰ったら毎日何か捨てる」生活を実践しているせいなのか、仕事でも「新しくアレをやろう」という考えとセットで「アレをやるのは今後は止めよう(やり方を変えよう)」と、自然に考えるようになった。

 

udemakuri01

 

この考え方がすごく気に入ってるのは、何歳になってもバリバリ仕事できるかっていうとやっぱりそうではなくて、年齢相応の身の振り方とかってやっぱりあるんじゃないかなと薄々気づいていたのだけれども、実際に行動に移す方針として打ち立てられるかっていう段階になったときに、すんなり自分の根拠として頭のなかで納得できるところだ。

余談ですが、実は年末に昇進してシニア職になりました。次はとうとうエグゼクティブ。

 

そんなことはさておき。

普段、超絶に身体に悪そうな働き方をしているせいか、社内でもいろんなひとから「アラサーになると、ぐっと健康診断の数値が悪化するからな」と、妙な期待を周囲から抱かれていたのですが、いざ健康診断に行ってみたらオールAでした。

ずるずる企画するような変な残業をなるべくやめて、さっと帰って週3回ボルダリング(クライミング)しにジムに行ったり、運動量をもとに戻し始めたのが良かったのか一安心。ただ、体重が74kg、体脂肪率が19%でした。調べてみたのですが、足で乗って計測する体脂肪計は脚部しか計測できないらしく、走り込みを止めた自分では数値が悪く出るらしい。ちなみにだけど、腕に持って計測する体脂肪測定では16%。

 

身長180ぐらいあるので、理想は体重70kgで体脂肪率17%ぐらいなんだけど、やっぱり腹筋鍛えたりランニング再開すべきかなとも思います。でも急に走ると膝とか痛めそうだから、とりあえずフィットネスバイクとか漕ぐのからかなー。KONAMIスポーツ(会社の福利厚生で安い)とかで、しゅっとした女の人とかに3kmでゼーゼー言ってバテてるの見られるのも恥ずかしいな。

 

running01

 

今年で30になるのだけれども、身体はもちろん、「あの洗濯機とか冷蔵庫、あと何年もつのかな」とか「このままの食生活だとまずいから見直さないとな」とか仕事以外の見直さないといけなさそうなところはたくさんあって、プランニングが楽しい限りです。全身計測できる体脂肪も測れる体重計見てみたり(高くて手を出すのに躊躇する)。

 

 

みたいなことを、「今日は帰ったら何捨てようかな」って捨てるゴミに思いを馳せながら考えてる。あとは、生活がやばそうに思われているのか、友だちみんなに結婚したほうがいいと言われます。

 

ちなみにアイキャッチ用の画像は、友だちが新しく開いたカレー屋さんのカレー(開店前に部屋でおいしくいただきました)。月末にお店に行くので、食べたカレーはメモしていこうかな。

 

haraiso01