DJやレーベルオーナー、クラブオーナーたちがどこで何してたか

ここ最近ずっと、自分の知っているダンスミュージックの知識を書き起こす。ということをひたすらやっています。そこで気になるのが、時系列でDJの歴史を見てみたい、ということだ。

僕は世界史選択なので、ここはやはり音楽の世界が一気に動いていく様をまとめたい!とは思いつつ、まとめながら結構ヘビーだなと思って、ガラージ、ハウス、テクノと絞ってダンスミュージックの歴史についてまとめてみました。これからDJについて何か本を読んでみようかなとか、歴史についてちょっと調べてみようかなと思いたったひと向けということで、結構ざっくりです。

ハウスとテクノはアメリカ国内というよりもヨーロッパ、特にイギリスに発見された影響がかなり大きく、アシッドハウスはその後のレイブシーンとも関連してくるのですが、今回は省いてます。いつかダブとかドラムンベースとかも含めて全部まとめてみたいものですね。

随時更新するので、何かあればTwitterか何かで連絡ください。この歴史系の話は、そのうちPodcastで喋りたい。

 

ダンスミュージック年表(ガラージ、ハウス、テクノ)

現代的なダンスミュージックの流れを決定的にしたのは、NYにあった「Paradaise Garage」というクラブなのですが、それより以前のディスコ、特にDJがエンターテイナーとして歩き始めた直後ぐらいからまとめています。

こうして見るとレジェンド級のDJって2000年以降ぶっつり途切れている感じもします。また、テクノがテクノたる所以が、実はマイク=バンクスたちUR勢がデトロイトに根ざしてるっていうところがすごいなとも思っていて、世界でフィーチャーされながらインディペンデントを選んだ思想性とか、そのあたりは今後のテーマとして研究してみたい。

  New York(others) Chicago Detroit
1960年
  • 「Le Club」オープン
1965年
  • 「Arthur」オープン
1967年
  • 「Electric Circus」オープン
  • 6月18日、デトロイトのコミュニティーアートオーディトリアムのステージでMC5とSUN RAがライブ共演
  • 7月23日、デトロイトでの大規模な暴動でスラム化のきっかけに
1968年
  • Francis Grasso、初めてマンハッタンのクラブ「Salvation II」のDJブースに立つ
  • 後にLarry LevanとFrankie Knuclesが働くことになる「Continental Baths」がオープン
  • Francis Grasso、複数の店舗オーナーに対しDJによるナイトクラブを提案
1969年
  • ストーンウォールの反乱
  • Woodstock Music and Art Festival
  • クラブ「Sanctuary」が「Church」から名前を変えてオープン。アメリカで初のオープンなゲイディスコへ
  • Francis Grasso、「Heaven」でもDJを始める
1970年  
  • Funkadelicが「Free Your Mind and Yours Ass Will Follow」をリリース
1971年
  • Nicky Siano、NYで「The Gallery」をオープン
  • Larry LevanとFrankie Knuckles、「The Gallery」でアルバイトを始め、客のジュースにアシッドのタブを入れまくるパンチづくりに精を出す。
  • 二人は、そのうちあらゆる食べ物に溶かしたアシッドを注射して提供するようになる
  • フィラデルフィアでKenneth GambleとLeon A.HuffがPhiladelphia International Records(PIR)を設立
 
  • Funkadelicが「Maggot Brain」をリリース
1972年
  • 「Sanctuary」がクローズ
  • David Mancuso、「The Loft」を休止
  • Walter GibbonsがDJを務める「Galaxy 21」オープン
  • Tee ScottがDJを務める「Better Days」オープン
  • Funkadelicが「America Eats Its Young」をリリース
1973年
  • Scepter Records labelのA&Rとして働いていたMel Cheren(後にWest End Recordsを設立)、Ultra High Frequencyの「We Are On the Right Track」をリリースするにあたって、B面をダンスフロア向けにインストゥルメンタルverにすることを会社に提案
  • 白人DJであるTom Moulton、「We Are On the Right Track」のB面を2枚交互にかけ続けロングリミックスを実践
  • Eddie Kendricks(The Temptations)の「Girl You Need A Change Of Mind」がリリース、初のディスコミュージックと呼ばれる
  • MFSBがPIRからリリースしたファーストアルバム「Love is the Message」がディスコアンセムに
  • Larry Levan「Continental Baths」のレジデントDJに。その後ラリーがRichard Longに誘われ「SoHo Place」のDJになると、「Continental Baths」のレジデントDJはFrankie Knucklesが引き継ぐ
  • Nicky Sianoが好んでかけていたLove Unlimitedの「Love’s Theme」という17分もある大作が廃盤寸前からラジオでヘビープレイされるまでに。この経験を通じて、Nicky SianoはDJがかければレコードが売れることを理解した
  • 「Love’s Theme」は1974年の2月には全米のチャート入りを果たす
  • ゲイディスコDugan’s Bistroがオープン、ただしアフリカ系アメリカ人を徹底して入場させなかった(Lou DiVitoがプレイしていた)
  • 後に「The Warehouse」オープンさせるRobert Williamsらが、シカゴで「US Studio」をジュースバーとしてオープン 
  • 第一次オイルショックがデトロイトを直撃
  • 日本の輸入車拡大でデトロイトのフォードが徐々に経営不振に
1974年
  • DJのTom Moulton、Scepter Records labelからDon Downingの「Dream World」のリミックスを依頼されダンスフロア向けのリミックスを制作しヒット
  • Scepter Records label、Tom Moultonのリミックス業でヒットを狙うためGloria Gaynorのデビューアルバムから3曲のリミックスをさらに依頼。Tom Moultonは3曲まるごと繋いでしまうリミックスを制作し、大ヒットを飛ばす
  • 「Salsoul Records」が設立
  • シカゴで「Den One」がオープンし、Ron HardyがDJに
 
1975年
  • Van McCoy「The Hustle」がラテン風味で大ヒット
  • MFSBの元メンバーらによるSalsoul Orchestraの「Salsoul Hustle」が大ヒットしSalsoul Recordsが音楽業界に衝撃を与える
  • Donna Summer「Love To Love You Baby」がミュンヘンのイタリア人Giorgio Moroderプロデュースでリリースされる 
  • フランスから、François KevorkianがNYへやってくる。Walter GibbonsがDJを務める「Galaxy 21」でドラムセッションを行い、ディスコに感化される
  • 「The Loft」の住人だったMichael Brody、Mel Cherenと破局しクラブをつくろうと決意。「Read Street; Tribeca」をオープンさせる
  • Larry Levan、人気が出すぎて「SoHo Place」がキャパシティ超過で閉店してしまう
  • Michael Brody、開店させた「Tribeca」にLarry Levanを招き入れる
  • Ron Hardy、「Den One」を去ってカリフォルニアへ向かう
1976年
  • Mel Cheren、「West End Records」を設立
  • Salsoul RecordsからDouble Exposure「Ten Percent」が販売用の12インチリミックスレコードを初めてリリース。3分のオリジナルを10分に伸ばす(リミックスはGalaxy 21のDJであったWalter Gibbons)
1977年
  • Michael Brody、後にオープンさせる「Paradise Garage」予定地の一部(85平米弱のGrey Room)を使って、「Construction Parties」というシリーズを1月から非公式に始める
  • 「The Warehouse」オープン。Continental BathsでLarry Levanの後継者を務めていたFrankie KnucklesがオープニングパーティーでDJを務める
  • 後にFrankie Knuckles、シカゴに移り住み「The Warehouse」のレジデントDJとなる
  • ドイツのバンド、Kraftwerkの「Trans-Europe Express(ヨーロッパ特急)」が全米でヒットするが、デトロイトが一番売れる
  • Donna Summer「I feel love」もデトロイトで人気に
  • Charles Johnson、通称The Electrifying MojoがラジオDJとしてデトロイトのラジオ局に就任
  • The Electrifying MojoはFunkadelicからKraftwerkまで、HIPHOPを除いたジャンルレスなミックスでデトロイトの音楽的な素地をつくった
1978年
1979年
  • 前年に日本でリリースされたYMOのファーストアルバム「YELLOW MAGIC ORCHESTRA」が全米でリリースされる
  • 第二次オイルショックでアメリカ自動車メーカー、特にデトロイトのフォードが大打撃を被る(フォード帝国の崩壊)
  • Telex「Moskow Diskow」
1980年
  • Billboard紙、ディスココンヴェンションで「Paradise Garage」をベストクラブ、ベストサウンドシステムの両方に2年続けて選出
  • その後、デトロイトの黒人で流行するハイスクールパーティーの火つけ役「SHAREVARI」の第1回目がクリスマスに開催
  • Juan AtkinsとRichard Davis、Cybotronを結成
1981年
  • シカゴのWBMX局で「Hot Mix 5」がスタート
  • Farley Keith Williams(Farley “Jackmaster” Funk)がHot Mix 5でDJを務める。ちょうど大学を出てマクドナルドやケンタッキーで働いてたらしい
  • Hot Mix 5のその他のDJとしては、Mickey Oliver、Ralphi Rosario、Kenny Jammin’ Jason、Scott Smokin Silz、Steve “Silk” Hurley
  • Cybotron、自主レーベル「Deep Space」から「Alleys of Your Mind」をリリース。モジョのサポートもあって1万枚を売る
  • Derrick May、Juan Atkins、Eddie FowlkesらとDJチーム「Deep Space」を結成
  • Jeff Mills、名義をThe Wizardとしてデトロイトのラジオ局WDRQでDJを始める(のちにWJODヘ)
1982年
  • Ron Hardy、カリフォルニアからシカゴに戻って来る
  • 入場料の値上げやらで揉めたFrankie Knucklesが「The Warehouse」を去る
  • 「The Warehouse」は一時閉店するが、数ヶ月後にRobert Williamsは「Music Box」と名前を変え、レジデントDJにはRon Hardyをアサインしてオープン
  • 「The Playground」「First Impressions」「SheltonのMedusa’s」など他にもアフターパーティー専用クラブが続々とオープン後にTrax Records設立に関わるVince Lawrence、ナンパのために「The Playground」でバイトを始める
1983年
  • Frankie Knuckles「The Power Plant」をオープン
  • JAMIE PRINCIPLE「YOUR LOVE」がカセットで出回る
  • 小遣い稼ぎのためにレコードを生産しては売りまくっていたVince Lawrenceに目をつけたプレス工場のLarry Sherman、「Trax Records」をヴィンスと設立
  • Larry Heard「Washing Maschine」「Mystery of Love」を完成させ、Frankie Knucklesにテープを渡し、徐々にクラブでも流れるようになる
  • Cybotron、アルバム「Enter」とシングル「Clear」をカリフォルニアの中堅レーベル、「Fantasy, Inc.」からリリース
  • Jeff Mills、クラブ「CHEEKS」のDJオーディションに参加。レジデントDJのJohn Collinsをビビらせる
  • Derrick May、フリーターとしてふらふらDJをしていた矢先、シカゴハウスに出会って感動する(「The Power Plant」のFrankie Knucklesと、「Music Box」のRon Hardy)
1984年
  • Manuel Göttschingの「E2-E4」がリリース
  • Jesse SaundersがVince Lawrence協力のもと「On&On」を初めてハウスレコードとしてリリース
  • Cybotron解散
1985年
  • Larry Heard、Fingers Inc.名義で「Mystery Of Love」をリリース
  • Marshall Jefferson、Virgo名義で「Free Yourself」をTrax Recordsからリリース
  • Juan Atkins、Metroplexを設立
  • Juan Atkins、Model500名義で「No UFO’s / Future」をリリース
  • Juan Atkins、Model500名義で「Night Drive(Thru Babyron)」をリリース
1986年
  • イギリスの音楽誌「NMW」が初めてシカゴハウス特集を組む
  • Larry Heard、Mr. Fingers名義でDeep Houseのスタート地点である「Can You Feel It」をTrax Recordsからリリース
  • Adonis「No Way Back」がTrax Recordsからリリース。しかし、実はLarry Shermanがプレス工場に持ち込まれた音源を勝手にリリースしていた
  • Marshall Jefferson、「Move Your Body」がTrax Recordsからリリース。しかし、実はこちらもLarry Shermanがプレス工場に持ち込まれた音源を勝手にリリースしていたもの
  • Frankie Knuckles「The Power Plant」を閉店させ翌年87年にNYへ戻る
  • Juan Atkinsのレーベル「Metroplex」からサブレーベル「Transmat」が誕生し、運営をDerrick Mayが担う
  • Derrick May、「Transmat」からX-Ray名義で「Let’s go」をリリース
1987年
  • 「Paradise Garage」閉店。原因はブロディのエイズ感染
  • 「Paradise Garage」最後の曲はTrammpsの「Where Do We Go From Here?」
  • 当時はDJとして活躍していたLil Luisが「French Kiss」を収録 → リリースは89年
  • DJ Pierre、Earl Smith Jr.(Spanky)、Herbert JacksonらによるPhuture 「Acid Traks」がリリース
  • Derrick May、Rhythim is Rhythim名義で「Nude Photo」「Strings Of Life」を発表しテクノクラシックに
  • Derrick Mayの高校のフットボールクラブ後輩、Kevin AndersonがKMSを設立
  • イギリスでAcid Houseが大人気に。より中毒性の高いテクノに注目が集まる
1988年
  • 「Music Box」閉店
  • 大手レコード会社のVirgin Recordsからテクノコンピレーションの話が、英バーミンガムのDJであるNeil Rushton経由でDerrick Mayに舞い込む
  • Kevin Anderson、Virginのテクノコンピに向けてInner Cityを結成し「Big Fun」を収録(後にシングルカットされてリリース)
  • 5月、イギリスの雑誌「The Face」はテクノ特集を6ページも展開。タイトルはJuan Atkinsの発言から「Techno!The New Sound of Detroit」となる
  • イギリスのNeil Rushtonが、Inner Cityのマネージャーを買って出る
  • Derrick Mayと一緒にRon Hardyを体験したGeorge Baker、市内のダウンタウンに「The Music Institute」というクラブをつくる
1989年
  • Neil Rushton、自ら主宰するレーベル「Kool Kat」からUK版ライセンスを貰ったJuan Atkins、Kevin Anderson、Derrick Mayらの音源をリリース
  • イギリスでDerrick Mayの「Strings of life」が大ヒット
  • Derrick May「Beyond the dance」リリース
  • 「The Music Institute」が解体
  • Jeff Mills、Mike Banks(Mad Mike)が「Underground Resistance」というプロジェクトを開始、ユニット名でもあり、レーベル名でもあるそれは後のテクノに大きな影響を与える
1990年
  • Derrick May「The Beginning」リリース
  • Carl Craig、Damon Bookerとともに「Retroactive」レーベルを設立(ただし翌年に解体)
1991年
  • URが怒涛のリリース「Waveform EP」「Sonic EP」「Elimination」「Riot EP」「The Punisher」「The Fury」「The Final Frontier」
  • Jeff Mills、URを脱退
  • この年、デトロイトでは多くのインディペンデントレーベルが誕生
  • Mike Banks、Mike Agent X Clarkとともにハウス専門のレーベル「Happy Records」を設立
  • Carl Craig「Planet E Communications」を設立し「4 Jazz Funk Classic」をリリース
1992年
  • Larry Levan他界
  • Ron Hardy他界
  • Mike Banks、URのCDリリースのため「Submerge Distribution」を共同で設立。Submergeはデトロイトに拠点を置くテクノミュージクを世界に発信する役割を担う
  • 英バーミンガムのレーベル「Network(Neil RushtonのKool Katが母体のテクノレーベル)」からURアルバム「Revolution for Change」がリリース
1993年
  • UR、「Hi-Tech Jazz」が収録された「Galaxy 2 Galaxy」をリリース
1994年
  • Walter Gibbons他界
1995年
1996年
1997年
  • Moodymann(Kenny Dixon Jr)ファーストアルバム「Silentintroduction」をリリース
1998年
1999年
  • ULTRA MUSIC FESTIVALの第1回がマイアミで開催される
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年

 

参考リンク(更新中)

・Alex Rosner(アレックス・ロズナー)

・今宵「ディスコの歴史」をまとめてみました。その1

・The Warehouse:ハウスミュージックが生まれた場所

・RA: Mike Agent X Clark

 

参考文献(更新中)

 

DJ関連記事の連載一覧

シリーズ「What to Play」のDJ論

PCDJ入門シリーズ 目次

DJやPCDJを始めたい!という方はこちらのシリーズをどうぞ。

DJ用語集 目次

分からない用語はこちらでチェックしてみてください。