ZINEの作り方 目次はこちら

最近、通販で買えるZINEをちょこちょこ調べていたりするんですが、やっぱりこういうのはイベントに行ってわいわい見物したり、手にとって買ってみたるするのが良いよね。というわけで、大阪で開催予定のZINEイベント「ZINE DAYOSAKA」について。

ZINE DAY OSAKAとは?

「ZINE DAY OSAKA」は毎年?大阪の「レトロ印刷JAM」さんのワークスペースで開催されているイベント。出展者による即売会のほか、交換イベントやワークショップなんかも行われています。過去のイベントは台湾でも行われていて、けっこう大掛かりなイベントになっています。Facebookページでは告知が行われているので、興味ある方はチェックしてみても良いかもしれません。

レトロ印刷JAMさんはシルクスクリーンの印刷も可能な印刷所ですが、オフィス内のワークスペースはとても開放的で、ワークショップで利用したい方や来店入稿にも対応しています。

 

会場はレトロ印刷JAMさん

スペース内では各種道具はもちろん、過去の利用者さんが刷った印刷物を展示してあったり、実際に購入することも可能です。過去にZINEの作り方として、綴じ方を紹介してみましたが、ちょっと本格的なZINEにチャレンジしてみたい!という方には、1日500円だしZINE DAY OSAKAの前に行ってみてかっこいいZINEの表紙をちゃちゃっと作ってみても良いかも。

道具や設備、広いスペースは魅力的。工房内も明るいので、友達とわいわい楽しめそう。

レトロ印刷JAMさんで使える設備・道具

・スリマッカ ・フレーム(大判・超大判)
・スキージー ・刷り台
・乾燥棚 ・ドライヤー
・アイロンプレス機 ・ハンドアイロン
・ヒートガン ・エプロン
・電解マーキング ・ガリ版(只今準備中)

ちなみに、スリマッカというのは組み立て式のシルクスクリーンキット。ウェブサイトではいろんなパーツが販売されていて、自由で簡単にシルクスクリーンにチャレンジすることができます。JAMさんは基本的にシルクスクリーンプリントを主にやっている印刷所なので、道具も関連するものが中心ですね(もちろんいろんな印刷や綴じに対応してます)。

 

ZINE DAY OSAKA当日の様子

さて、ZINE DAY OSAKA当日の様子もFacebookページの投稿からのぞいてみることができますが、たくさんのZINEが並んでいてとても楽しそう。

今年の内容もすでに公開されています。下の画像はクリックで大きくなるので、気になる方はチェックしてみてね。面白そうなのは「ZINE EXCHANGE」という取り組み。自作のZINEを持ち込めば、会場に並んであるZINEのなかから好きなものを選んで交換できるみたい。

 

関西近県の方は会場で会いましょう!

ZINE DAY OSAKAの会場になってるレトロ印刷JAMさんの住所は豊崎なので、最寄駅は中津。大阪駅からもまあまあ近そうなので、近県にお住まいの方で、ZINEの作り方や、他のひとがつくっているZINEに興味がある方は、ぜひイベントに行ってみても良いかも。ちなみに僕は行くよ!

参加してみたら、後日レポートも書いてみようかなと思います。

 

特集目次:ZINEの作り方! -How to make a ZINE-