ロードバイクを買ったので、自転車のメンテナンスを勉強しているんだけども、まずは洗い方についてちょっと勉強して試してみてチャレンジしてみました。ちなみに過去の記事はこちら。

・プロに学ぶ自転車の洗い方 -その方法と必要な洗剤編-

・自転車のギアとチェーンを丸洗いするクリーナーと洗剤

1回やって慣れたので、もう一度高圧洗浄機で水洗いする練習をしてみることにしました。今回の記事では動画で撮影してみたので、自転車の洗い方の手順をまとめてみたいと思います。

①クリーナーを使って汚れを落とす

チェーンクリーナーで油汚れを溶かす

まずはチェーンクリーナーを使って、固まった油を溶かしていきます。メーカーによってはディグリーサーなんて呼ばれ方をしている場合もあります。

僕の場合、適当な柔らかさのブラシがなくって、歯ブラシを使っています。固すぎると油が飛び散ってしまうのと、柔らかすぎても使えないので、今の所歯ブラシが最有力候補。2本を束ねて使っています。

フォーミングクリーナーで汚れを落とす

油を溶かしたら、その次は汚れと一緒に油を落としていきます。この段階で一気に水で洗い落とすことも可能ですが、念のためフォーミングマルチクリーナーを使っています。このクリーナーはチェーン周辺だけでなく、ボディ全体にも使えるのと、排水溝に流しても大丈夫な生分解性のクリーナーなので、けっこう重宝しています。

後半で紹介する動画を見てもらうと分かりやすいですが、このクリーナー泡が成長して細かな隙間に入り込んでいきながら、油と反応して水になって汚れが落ちていく仕組み。チェーンに吹きかけるとすぐ水になっていくのが面白いです。

 

②水をかけて丸洗い

高圧洗浄機で一気に汚れを落とす

ある程度汚れが落ちたら高圧洗浄機で丸洗いしていきます。僕が使っているのはアイリスオーヤマの安いモデルですが、結構勢いうがあるので、ついでにベランダも掃除しました。

チェーン全体と、フロントギア、後輪周辺部にも吹き付けて、汚れが残らないように文字通り丸洗い。

ただ、水気を残すとサビの原因にもなってしまうので、汚れてない場所にあんまりかけすぎないようにご注意ください。

乾拭きして水分をとる

注油していく前に丁寧に乾拭きして大まかな水分は拭き取ってしまいます。これをサボると水気がギア内部やチェーン内部にたまったままになってしまい、サビの原因になるので念入りに。

僕の場合普通の雑巾ですが、マイクロファイバーでできたメンテ用のウェスなんかだと、もっと水分を早く吸って時間が短縮できそうです。

この段階でここまで綺麗になります。真っ黒でチェーンがダメになっているように見えても、ほとんどは油汚れだったりするので、サビていなければきちんと洗浄するだけで、ここまで復活します。

 

③防錆、潤滑性のあるケミカルを吹き付ける

水置換性のあるラスペネで水気を追い出す

汚れが落ちたあとは注油ですが、僕の場合はまず防錆可能なケミカルで皮膜処理を行っていきます。余分な薬剤は拭き取るので、けっこう多め。メカ部分にもけっこう吹き付けていきます。

使っているラスペネは水置換性があるので、細かな部分に入り込んだ水分を取り去ってくれる働きをしてくれるので一石二鳥。ただし粘度がそこまで無いので、チェーンオイルをちゃんと注油する必要はありますね。

チェーンルブ(潤滑剤)を注油

ラスペネがある程度馴染んだら、チェーンルブ、いわゆるオイル的なものをさしていきます。チェーンにさすんですが、コマにきちんと入り込んでいくように丁寧にさしていきます。

余分なオイルは後で拭き取ってしまうので、ちょびちょびさしていくより、結構思い切って流れでさしていったほうが良いですね。

潤滑剤を馴染ませ、余分な油を拭き取る

ルブをさしたらペダルをガンガン回してオイルを馴染ませていきます。ギアが変速なので、このタイミングでちょこちょこ変速してリアサイドにもオイルを馴染ませてあげたほうが良いです。

ある程度なじんだら、チェーンの横部分にはみ出したオイルを拭き取ります。

 

動画はこちら

実際に撮った動画がこちら。動画は倍速処理していないのですが、あちこち道具をとったりして手間取ったため、実際には30分ぐらいかかってるものを編集。10分程度に納めました。手際が良いひとがやると、ルブさし終えるまで全工程10分ぐらいで終わるんじゃないでしょうか。

ロードバイクのメンテナンスや洗車をする場合であれば、下の動画のようにメンテナンス台があるともっとラクに作業できるんじゃないかなと思います。まあこれは引っ越してからかなあ。

プロのひとは普通の中性洗剤を使っているのが意外ですよね。食器用洗剤で全然大丈夫なんだっていうのが驚き。

 

ロードバイクやクロスバイク関連記事はこちら

 

ロードバイク、クロスバイク関連記事のまとめページはこちら

ロードバイク、クロスバイク関連記事のまとめページはこちら

- DJはじめるなら、安心のDJスクールへ ! -無料レッスンはこちら