Zine “*” Project(Now Printing)

 

Zineを作ろう!と思い立ったので、「そもそもZineって何よ」というところから作り方調べて、制作までやっちゃおうという連載企画、はじめました。

 

Zineつくります。国内、海外のZineを片っ端から調べて作り方から勉強。ただそれだけ。まだ、なんにも考えてないよ。

 

できあがったら、たぶんPDFで配っていきますが、BCCKS上でも展開していくので、読みやすいって方はそっちで。紙で刷ったやつがいい !って方はBCCKS上から文庫本をつくれるようにもするので有料で刷ってみてもいいかも。お値段は未定。

 

 

<Zineをつくろう!How to make a ZINE  – Zineつく – >

・第1回:とりあえず下調べするの巻

・第2回:リトルプレス専門店へ行くの巻 

・第3回:歴史を調べてみるの巻 

・第4回:作り方の巻(綴じ方編)

・第5回:作り方の巻(いろんなひと編)

・第6回:販売の巻(大阪/ネット編)

・第7回:海外アーティスト/出版社Zineの巻

・第8回:作り方の巻(豆Zine編)

・第9回:最近買った雑誌の巻

・第10回:Love zine appの巻

・第11回:通販でも買えるいい本屋さん見つけたの巻

・第12回:旅のしおりの作り方の巻(GOOUTCAMP編)

 

 

※About Zine

ZINEは英語で「有志の人々が制作する、たいていの場合は少部数の、非商業的な(利益を出すことが第一の目的ではない)出版物」のこと。「MAGAZINE(マガジン)」から「FANZINE(ファンジン)」という言葉が生まれ、省略されて「ZINE」になりました。

日本では、これに重なる意味を持つものとして、ミニコミ・同人誌・自費出版・小出版物・自主出版物・リトルマガジン・リトルプレス……等々、さまざまな言葉および概念が存在しています。ここではこれらをひとまず全部ひっくるめて「ZINE」と呼び、「個人が自分の意思で好きなように作り、読まれる本」周辺文化に「特に」注目していきたいと思います。

 

・Lilmag—-zine and other publications.

A zine is most commonly a small circulation publication of original or appropriated texts and images. More

broadly, the term encompasses any self-published work of minority interest usually reproduced via photocopier.

A popular definition includes that circulation must be 5,000 or less, although in practice the significant majority are produced in editions of less than 1,000, and profit is not the primary intent of publication.

Zines are written in a variety of formats, from computer-printed text to comics to handwritten text (an example being Cometbus). Print remains the most popular zine format, usually photo-copied with a small circulation. Topics covered are broad, including fanfiction, politics, art and design, ephemera, personal journals, social theory, single topic obsession, or sexual content far enough outside of the mainstream to be prohibitive of inclusion in more traditional media.

 

・Zine – Wikipedia, the free encyclopedia

・アート界の新たなムーブメント、ZINEを知っていますか? – X BRAND 

・「zine」は雑誌の未来像? « 未来雑誌研究所 « magabon

 

<Staff>

一緒につくってくれる方、募集してます。デザインができる方、編集してみたいとか、こんなネタもってますっていう方は、Twitterで適当にメッセージください。