先日購入したiPad Pro(11′)ですが、Apple Pencil(第2世代)とメモアプリのおかげで職場では大活躍。RHODIAのメモパッドも便利でしたが、色ごとにペンを持ち替えたり、保存するために写真を撮る必要が無くなったので、これまでの無駄がスッキリ無くなって清々しい限りです。オフィスではいろんなひとから「それ無茶苦茶便利そうじゃないですか、私もiPad Air買おうかな」とか言われます。

ただ、唯一の欠点が「iPadにはキーボードが無い」というところ。メモ自体は便利なんですが、箇条書きで長文のテキストをまとめておきたい場合はiPadのソフトウェアキーボードは不向き。やっぱりリアルなキーボードが欲しい。

社内の打ち合わせには会社で貸与されているMacBookPro(13インチ)とiPadとApple Pencilを持ち歩いてましたが、いちいち荷物が増えるだけなのも面倒だなと感じて、ついにiPad向けのキーボードを購入しました。購入したのはLogicoolの「Folio Toutch」という名前のキーボードケース。

「Logicool」というブランドは、スイスの会社が「Logitech」という名前でグローバル展開しているブランドなのですが、日本では同名の商標が取得できなかった関係で日本国内のみ「Logicool」という名前で展開されています。ゲームやクリエイター向けのマウス、キーボード製品で有名ですね。Logicoolのゲーミングマウスは一般的なマウスに比べてショートカットボタンが多いので、デザイナーやエディターでも使っているひとは多いです。

というわけで早速取り付けてみました。

外観も布っぽい素材なので手から滑り落ちたりする心配も無さそう。少しだけ重くなるのが難点ではありますが、コンパクトでとても良いです。iPad向けのキーボードとしてはApple純正のものも非常に評価が高いですが、Logicoolのこのプロダクトはキーボードを畳んでペンで絵を描くときにも収まりが良いというのがポイント。

純正品のキーボードもとてもスマートではありますが、僕はApple Pencilでの利用が結構多いので、今回はLogicoolを選びました。

キーボードを拡大するとこんな感じ。

全体が布っぽいテイストにMacBookのキーボードのような薄い打鍵感。普通に使う分には問題ないですが、コーヒーとか溢すと汚れはとれなさそうですね。

社内のチャットも確認できるので、オフィスでのミーティングの際はiPad Proを持ち歩くだけで十分になりました。あと、仕事中にMacBookProのサブディスプレイとして使う際は、これまで安いiPadスタンドを使っていたのですが、キーボードケースにしたことで、非常に安定感のある体制に。

普段は写真右のように、キーボードを隠した状態でMacBookProの隣に置いています。

普段はキーボードを畳んでタブレットとして使いしながら、仕事場ではMacBookPro替わりの簡易ラップトップとして使う。この運用スタイルで生きていこうと思います。ちなみにマグネット式の留め具の部分にApple Pencilを差し込めるのもポイント高い。これでペンを置き忘れたりすることも無いので安心。久々にオススメできる品に出会いました。

Logicoolは様々なiPad製品に対応するように「COMBO TOUCH」「SLIM FOLIO」「Rugged Folio」「SLIM FOLIO PRO」などいろんなラインでキーボードを展開しています。是非お使いのタブレットに合わせたものを探してみてください。

というわけで、なんか提灯記事みたいになってますが、今回はLogicoolの「Folio Toutch」で執筆してみました。ちゃんちゃん。

 

シリーズ記事執筆中!特集記事一覧

初心者おすすめのDJ機材からDJたちの歴史、これからのDJについて初心者おすすめのDJ機材、DJコントローラーからDJたちの歴史、これからのDJについて ロードバイク買ってみた!おすすめパーツやメンテナンスロードバイクやクロスバイク買ってみたからカスタムしてみた
Taicoclub(FFKT)からGOOUT、朝霧JAM参戦日記Taicoclub(FFKT)、GOOUT、朝霧JAMなどのキャンプフェスから登山まで 新しいDIY同人誌“ZINE”の歴史や作り方について
- DJはじめるなら、安心のDJスクールへ ! -無料レッスンはこちら