カメラを持ち出す生活にしたい

最近、手弁当で撮影をする機会がちょこちょこあって、せっかくならカメラを買い換えようかなと思っていて、以前紹介したSONYのα7SIIIとかを狙っているのですが、「そもそもカメラを持ち出す生活」をもっと実践したいなと思ってカメラバッグを買ってみました。

購入したのはPeak Designというブランドの「Everyday Sling 6L」という小さなメッセンジャーバッグのようなスリングバッグ。10年ぐらいレザーのウエストポーチを使っていましたが、ボロボロになっていたので今後はこちらでお出かけしようかなと思っています。

Peak Designという会社はカリフォルニア州のサンフランシスコに本拠地を置くカメラ関連ギアメーカー。もともとは、カメラをバックパックのショルダーストラップに固定するための新型クリップを発明して、クラウドファンディングで売り出していた会社。

このCaptureというカメラクリップ、実は未だにとても人気で、Peak Designが様々な商品を開発している今でも根強い人気があります。

実は撮影機材をちょこちょこ買い足していて、このCaptureとか、三脚とか、別メーカーのカメラ雲台なんかも揃えつつあるのですが、それはまた別の記事で紹介したいなと思います。

iPad Pro11’も入って、自由度が高い内部構造

Peak Designはバッグ類を「Everydayシリーズ」「Travelシリーズ」と2系統あって、Everydayが普段使いのスリムなバッグ、Travelは旅行や数日の撮影にも向いた大容量タイプ。Everydayには「EVERYDAY BACKPACK」「EVERYDAY BACKPACK ZIP」「EVERYDAY MESSENGER」「EVERYDAY TOTEPACK」「EVERYDAY TOTE」「EVERYDAY SLING」と様々なタイプが揃っています。今回買ったのは小さなメッセンジャーバッグタイプの「SLING」。ウエストポーチのようにも使うことができます。

カメラを持ち運ぶために開発されたバッグなので、スリムな見た目とは裏腹にカメラもスッポリと入ります。カメラバッグには中にマジックテープ式の仕切りついていることが多いですが、Peak Designの仕切りは独特。垂直方向と合わせて水平方向も仕切ることができるので、バッグのなかを2層構造にすることができます。

さらに小さなタブレットであれば入る専用のスペースも。iPad Proも11インチならLogicoolのキーボードフォリオ状態でギリギリ入ります。

フロントポケットのほかにバッグ内部にもケーブルやSDカードを入れておくのにちょうど良いポケットが配置。極限までサイズを小さくして「これだけあればお出かけできる」ギリギリの設計になっていて、すごく良いサイズ感に納めっています。

最後にPeak Designの他製品との連携について。先ほど言及したCAPTUREを取り付けられるように専用のベルトが左右についています。こういう配慮もとても嬉しい。

別で購入した機材と合わせて、Peak Designにはとても満足。実は今回、アメリカ本社のオフィシャルサイトから個人輸入して購入しましたが、1週間ほどで届いたし、バッグ本体の設計にも満足。次は通勤用に使っているバックパックや、旅行用/ジム用に使っている大きなバッグパックとかをPeak Designのバックパックに移行しても良いかもなーとか思ったりもしています。

iPad Pro + ミラーレス一眼で撮影チャンスを逃さない

世間はまだまだコロナ禍から抜け出せそうにありませんが、落ち着いたらぼちぼちお出かけブログみたいな感じの記事とか、YouTube動画とかももっと更新したい。

SONYのミラーレス一眼はiPhoneと同期して撮影した素材をすぐに転送したりとても便利なので、撮影したらiPadで編集してすぐに投稿してみたり、編集してみたりといったことも可能です。日記的なブログ記事ならそんな感じの運用もありかなと思ったりしています。

次回は撮影用にゲットしてみたガチめの機材についてまとめてみるつもりです。

 

シリーズ記事執筆中!特集記事一覧

初心者おすすめのDJ機材からDJたちの歴史、これからのDJについて初心者おすすめのDJ機材、DJコントローラーからDJたちの歴史、これからのDJについて ロードバイク買ってみた!おすすめパーツやメンテナンスロードバイクやクロスバイク買ってみたからカスタムしてみた
Taicoclub(FFKT)からGOOUT、朝霧JAM参戦日記Taicoclub(FFKT)、GOOUT、朝霧JAMなどのキャンプフェスから登山まで 新しいDIY同人誌“ZINE”の歴史や作り方について
- DJはじめるなら、安心のDJスクールへ ! -無料レッスンはこちら