クライミングには便利なんだけどね

年末にジム用のバックパックを買い替えてみました。

これまで使っていたのは、The North Faceの「BC Duffel(BCダッフル)」っていうかなり大きなバックパック。クライミングジムに行くときにずっと使っていたのですが、クライミング用のバッグって、シューズが2足とタオルやプロテイン、チョークバックなんかを入れないといけないので、この大きなサイズのバッグはとっても便利。かなり重宝していました。容量は70Lぐらい。

ただ、最近はクライミングジムは自粛して(骨折したので)、ANY TIME FITNESSという無人ジムに通っているんですが、正直シューズとウェアしか持っていくいく必要も無いので、そこまで大きなバックパックを持ち歩く必要もなくなってきています。

しかもこのBCダッフル、中身に仕切りみたいなものが無いので、ぶっちゃけMacBookProを入れたりといったことが出来ず、不便だなあと思っていたのとバック自体もボロボロになってきたので、思い切って買い替えてみました。

買い替えたのはこちら。仕事用のバックパックはThe North Faceなので、ジム用のバックはMAMMUTにしてみました。MAMMUTのウェアや装備は海外仕様なので、肩幅や腕が自分にピッタリなのが良いです。

MAMMUTというブランドはアウトドアブランドですが、このバッグはSeonシリーズといって、もともと社員のひとが通勤用に使うことを想定してデザインされたバッグ。なので、書類やパソコン、タブレットも入るし、勤務後にそのままクライミングするひと向けにシューズも入るように設計されています(もちろんクライミングシューズじゃなくても、普通のランニングシューズも入るようになっています。)。

いやあ、そこに惚れたんだわ。

35Lでこの薄さはとてもスマートですよね。薄い代わりに、全体的に細長いデザインになっていて、シュッとスリムなかたち。

ジムに行くひとの荷物であることを想定しているため、荷物にはバックパネル側からアクセスする仕様になっています。というわけで背中から降ろしてジップを開けると、こんな風にパカっと開く仕様。荷物もかなり入るようになっています。

パカっと開いた蓋部分にもジップがついていて、開けるとラップトップ専用の収納ケースになっています。よく見るとラップトップのアイコンと、タブレットのアイコンも縫い付けられていて、別ポケットにiPadなどのタブレットを収納することも可能です。

そして嬉しかったのはシューズケース部分。バックパック底面のジップを広げると、そこからシューズを入れることができるようになっています。また、底面にも手提げがついているので、重い荷物を入れたときには首側の手提げと一緒に、両手でバックをもつことも可能です。ちなみにこの手提げ、サイドにもついていて、どんな向きにでも持てるようになっています。

驚いたのは小物入れ。これまで使っていたBCダッフルだと、小物入れのポケットが平らだったので、厚みのあるものを入れるには不向きだったんですが、この「MAMMUT Seon Cargo」は深さのある仕切り付きの小物入れがあります。

この小物入れ、結構深いので僕の場合だと(分厚くて取り出すのが億劫な)財布や、整髪料、保湿剤、あとはMacBookProとかiPhone関連のケーブル、バッテリーなんかを入れています。

まだ試してはいないんですが、小さいミラーレス一眼とかなら入りそうなので、おそらく僕のα6400とかは入りそう。SONYのRX100MK7とかだったら確実に入るので、ブロガーの方であれば、ちょっとポケットからカメラを取り出すぐらいの感覚で、カメラを忍ばせておくこともできそうです。

で、最後にサイドポケット。背負った時の右側がサイドポケットになっていて、薄めのパスポートなんかだと結構ラクに入りそう。

下側のサイドポケットは鍵をつけておけるプラスチック製のカラビナの紐が中に入っていて、ジムのPASSやIDキーなんかを取り付けておくことができます。

僕の場合だとANY TIME FITNESSはIDキーで入場するので、それを付けて試験的に運用中。

紐が伸びないので、ちょっと取り出すのが面倒かなーとは思っていて、今度時間があったらリール付きで伸び縮みするストラップをつないで、もう少し手軽に取り出しやすくしようかなと思っています。

通勤用にしろ、ジム用にしろ、バックパックって何度も取り出したりしまったりするものなので、できるだけストレスの少ないものを使いたいと思いながら、理想のバックパックを追い求めていますが、かなりイイ線をいっているものに辿りついた感があります。ただ一点指摘するなら、サイドバックは両サイドにつけるかペットボトルを括り付けられるゴム製のポケットを付けて欲しかったと。ただ、これはデザイン上スマートに見えないので省いたのではないかなと邪推しています。

会社帰りにジムに行きたい!という会社員にはかなりオススメのバックパックでした。価格も比較的安価だったので、コスパも良く、★★★★☆といったところでしょうか。

そんじゃまた。

 

シリーズ記事執筆中!特集記事一覧

初心者おすすめのDJ機材からDJたちの歴史、これからのDJについて初心者おすすめのDJ機材、DJコントローラーからDJたちの歴史、これからのDJについて ロードバイク買ってみた!おすすめパーツやメンテナンスロードバイクやクロスバイク買ってみたからカスタムしてみた
Taicoclub(FFKT)からGOOUT、朝霧JAM参戦日記Taicoclub(FFKT)、GOOUT、朝霧JAMなどのキャンプフェスから登山まで 新しいDIY同人誌“ZINE”の歴史や作り方について
- DJはじめるなら、安心のDJスクールへ ! -無料レッスンはこちら