そろそろ捨てようかどうしようか、ここ数ヶ月考えていた「ブーツを処分する」を実行に移してみました。今日はただそれだけの日記です。

6インチブーツ捨てた理由

プランナー職というちょっと特殊な職場柄、普段スーツを着ることはほぼ無く、誰からも怒られないのでずっとブーツを履いて出勤していました。カタチはずっと同じもので、Timberlandの6インチブーツ。ちなみに中3から履いています。

いまのイエローブーツはおそらく3代目か4代目ぐらい(全く同じモデル)。ブーツは夏場に暑苦しく見えてしまうというデメリットはありますが、実際にはそんなに暑くないということと、何より幅広な自分の足にとってすごくラクなカタチなので、10年以上Timberkland一択でした。

ただ、そろそろボロボロになってきたし、何より昨年末にNIKEでランニングシューズを2足、あと最近adidasの「STAN SMITH」を買ったので、最近はスニーカーで外に出る機会のほうが多くなっています。

ブーツってゴツくて好きなんですけど、正直「ちゃんとした服でなくても良いけど、小綺麗な格好はした方が良いかも」的なシーンでは不向き。そういう有事の際に使えるのはスタンスミスだろう。

上はカジュアルでも、パンツにスラックスを履いてスタンスミスを履いておけば、何となくそれっぽい感じが演出できるのではないか?という考えで買ってみましたが、ちゃんとした感の演出アイテムとして大活躍しています。

くたびれた6インチブーツ

イエローブーツをどアップにするとこんな感じ。6インチブールの革は履いて馴染むと柔らかくはなるのですが、履く時に踵を擦ることが多いので、後ろがボロボロになっていたり、ちょっとカビっぽくなっていたり(処理済み)と、リペアも受け付けてくれないレベルです。

まあ正直大学卒業したぐらいから、ソールを交換しながらずっと履いているものなので、よくもったなというところでしょうか。

もう1足はオイルドレザーのブラウン。Timberlandは毎年プレミアムモデルとして、限定素材の6インチブーツをつくっているのですが、これもかなり前のモデル。ちょっとビンテージっぽいオイルド加工が結構気に入っていましたが、中はボロボロ。

定期的なメンテナンスは行っていましたが、よく見ると履きジワからアッパーに亀裂が入っています。Timberlandの6インチブーツは全てウォータープルーフ(防水加工)なわけですが、こうなってしまうと、中に水が染み込みやすいです。

というわけで、この2足は処分。あと写真撮り忘れたんですが、Timberlandのレザー・ショートブーツ。加えて、冠婚葬祭にしか使ってなかった合成皮革のドレスシューズも2足さらに処分、計5足をコンマリしてみました。

これからちゃんとドレスシューズ履きます

その代わりに普段から使えそうなドレスシューズを2足セールでゲット。TimberlandとHAWKINSです。

TimberlandのオックスフォードシューズはZOZOでクーポン利用+ポイント利用、さらに前述したショートブーツの買い替え割でゲット。HAWKINSのストレートチップは去年モデルらしいんですが、五反田にあるABCマートのアウトレットで格安品をゲット。僕の足は28~29cm台なので、アウトレットに行くと在庫があれば大抵格安になっているのですが、五反田にアウトレットがあるなんて知らなかったわ。。。

この2足はパッと見た感じ普通のドレスシューズ、ビジネスシューズですが、疲れにくいソールになっていてほぼスニーカーみたいな履き心地なのが気に入って選んでみました。これまで履いていたストレートチップは、ちゃんとしたものではあったけどソールが硬すぎなのが辛すぎて、出かけるときはバックパックに入れて運んでたからね。結婚式に出るときなんて、スニーカーで行って現地のトイレでこっそり履き替えてたからね。そういう無駄がなくなると思えば1万円は安い。

どちらも履きやすいので、これからは会社に行くときにも履いて行こうかな、なんて思っています。

 

シリーズ記事執筆中!特集記事一覧

初心者おすすめのDJ機材からDJたちの歴史、これからのDJについて初心者おすすめのDJ機材、DJコントローラーからDJたちの歴史、これからのDJについて ロードバイク買ってみた!おすすめパーツやメンテナンスロードバイクやクロスバイク買ってみたからカスタムしてみた
Taicoclub(FFKT)からGOOUT、朝霧JAM参戦日記Taicoclub(FFKT)、GOOUT、朝霧JAMなどのキャンプフェスから登山まで 新しいDIY同人誌“ZINE”の歴史や作り方について
- DJはじめるなら、安心のDJスクールへ ! -無料レッスンはこちら