新卒で会社員になった当初はカレンダー付きの手帳を持ち歩いて、それをメモブロック代わりにしていたのですが、iPhoneが登場してからというもの、スケジュール管理はもっぱらスマホやパソコン。

ただメモだけは手書きの感覚のほうがアイデアが出るような気もしていて、ずっとメモパッドを持ち歩いていました。RHODIAのNo.19(A4サイズ)で、方眼タイプになっているものが一番使いやすく、仕事でもプライベートでもずっと持ち歩いていました。このメモパッドは書き殴って、ある程度情報が整理できたら、パワーポイントやEvernoteへメモ、仕事が完了したらメモ自体はビリっと切り離して捨ててしまうことで、タスクが完了したことにしています。

仕事に必要なものを挙げるとするなら、このRHODIAのメモパッドと3色ボールペンをおすすめします。ちなみにボールペンはジェットストリーム。

ただ、メモパッドにできないこととして「スペースには限りがある」という制約がずっと不便に思ってて、ここ3年ぐらいメモをiPadへ移行するかずっと悩んでいました。長いウェブページの構成なんかを考えるときに、紙面の制限があるメモ帳よりも延々とメモを下方向へ描き続けられるiPadのほうが良いのではないか?でも使っているiPad Proは古いverなので、最新のApple Pencilは使えない・・・。

ということでiPad Proを買い換えました。併せて購入したApple Pencilもver2を購入。ちなみにiPad Proはソフトバンクで4年分割賦で払っておけば、残りの金額は割引されるサービスを適応。実質半額ぐらいで入手できました。

新しいApple Pencil(第2世代)、結論むちゃむちゃ描きやすいです。本当にペンを握っているような感覚。これは仕事が捗るぞ!

iPadは最新OSで、iMacやMacBookProのサブディスプレイとしても使えるので、デスクワークしているときはディスプレイ、ミーティングに出るときはメモ帳、といった感じで使い分けています。ペンがあるだけで、こんなに便利だとは・・・。

新しいiPad Proの紹介動画でもApple Pencilは大々的にフィーチャーされていて、Apple公式のメモ帳はもちろん、サードパーティー製のアプリもかなり多くて特色ある機能がかなり楽しいです。

ちなみに、今まで使っていたiPad Proは母にあげました。購入したのは2年ぐらい前の高スペックモデルなので、格安パソコンよりは全然スペックは高いのではと思います。

Apple Pencil自体は割としっかりできていて、ペンケースに入れているのですが鞄の中でぶつかって壊れないかだけ心配。週末にMagic Keyboardも買い足そうか悩んでいます。

 

シリーズ記事執筆中!特集記事一覧

初心者おすすめのDJ機材からDJたちの歴史、これからのDJについて初心者おすすめのDJ機材、DJコントローラーからDJたちの歴史、これからのDJについて ロードバイク買ってみた!おすすめパーツやメンテナンスロードバイクやクロスバイク買ってみたからカスタムしてみた
Taicoclub(FFKT)からGOOUT、朝霧JAM参戦日記Taicoclub(FFKT)、GOOUT、朝霧JAMなどのキャンプフェスから登山まで 新しいDIY同人誌“ZINE”の歴史や作り方について
- DJはじめるなら、安心のDJスクールへ ! -無料レッスンはこちら