ヘッドフォンやイヤフォンの話をすると音質が云々って言い出して自分好みのプロダクトをしきりに勧めてくるひとは多いですが、ぶっちゃけヘッドフォンとかイヤフォンって総合格闘技みたいなもので、そのひとに合った機能や音質のものを選べば良いんじゃないかなあ、と普段から思っています。というわけでワイヤレスイヤフォンのお話。

SONY WH-1000XM3 その後のその後

使っていたヘッドフォンがボロボロになったので、SONYのワイヤレスヘッドフォンを買ったという話を以前書いてみたのですが、その後の話。

このヘッドフォン、ノイズキャンセリング機能が素晴らしく、ヘッドフォンをかけてしまえば周囲の音は大幅にカット。会社で集中したいときなんかにも最適なので、年明けからずっと使っています。自転車に乗るときにノイズキャンセリングを使うのは危険なので、周囲の音をマイクから拾ってくれる「アンビエントサウンドモード」という機能を使っています。

ただ自分が使う場合にはちょっと問題があって、ロードバイクに乗るときにヘッドフォンすると耳の隙間から風が入ってしまう+風切り音をマイクが拾ってしまってかなりうるさい。

使い込みすぎてボロボロのPowerbeats Wirelwss 3

周囲の音をマイクで拾えるっていうのがこのヘッドフォンのメリットでもあったんですが、結局数年前に買ったPowerbeats Wireless 3を使い続けています。

ただこのPowerbeats Wireless 3もかなり年季が入っていて、実はイヤークリッップの軸が折れてしまってたりもするんですよね。このワイヤレスイヤフォンは運動用に設計されていることもあって、イヤークリップのおかげで耳から落ちたりすることはありません。

イヤフォンも完全ワイヤレス時代へ

SONY – Xperia Ear Duo(XEA20)

SONY – Xperia Ear Duo(XEA20)

そんなこんなで自転車乗るときように「周囲の音を簡単に聞けるワイヤレスイヤフォン」というのを探した結果見つけたのがこちら。SONYの「Xperia Ear Duo」。もともと Xperiaというスマホ向けのイヤフォンなんじゃないかと思うんですけど、イヤフォンのイヤーピース部分が開放型になっていて、管から音が鳴りつつ、周囲の音も耳の穴に入っていくようなつくりになっています。これすごくない?

いやークリップもPowerbeats Wireless 3と違って、耳の上からイヤフォンを被せるのではなくって、耳たぶを下から包みこむようにして挟むような装着方法になっています。僕は結構耳の後ろが赤くなったりすることがあるんですが、これなら耳への負担も軽くなります。実際ヨドバシカメラで試しに装着して試聴させてもらったんですが、なんというか、店内BGMが耳元で聞こえているような、新しい感覚。スマートフォン用のアシスタント・イヤフォンと考えるなら、こういうイヤフォンのほうが良いのかもね。

SF映画とかでよく見る、未来のヘッドセットってこういう感じの着け方してるよね笑。ただ自転車で本気モードを出しているときに本当に落ちないのかは、ちょっと心配かも。

Beats by Dre – Powerbeats Pro

Beats by Dre – Powerbeats Pro

お次はPowerbeatsの新作。もう初回出荷分を購入したひとがYouTubeでレビュー動画をアップしているのをよく見かける「Powerbeats Pro」。

新しいPowerbeatsは完全ワイヤレスということで左右のイヤフォンを繋ぐケーブルもなくなってしまいました。前回Wireless 3を購入するときに、他ブランドのイヤフォンがこういうタイプになっていて、「ちょっと自分には早いかな、片方落としそうだし」と思って選ばなかったんですが、ついにBeatsもこのタイプに移行してしまいました。個人的には繋がってたほうが安心ではあるんですが、Powerbeatsの場合はイヤークリップがあるので落とす心配はそこまでしなくても良いかもしれません。

プロモーション映像を見てもわかる通り、アスリート向けって感じですね。音のほうはBeatsっぽい低音強調された感じかな〜と。

SONY – WF-1000XM3

SONY – WF-1000XM3

最後に候補に躍り出ているのが、先日発売されたSONYの「WF-1000XM3」。

こちらも左右独立したタイプで、さらにXperia Ear DuoやPowerbeat Proとは違って、イヤークリップはありません。

ただこのWF-1000XM3、実は最初に言及したヘッドフォン「SONY WH-1000XM3」と同じノイズキャンセリング機能があって、とても魅力的。ヘッドフォンと同じ機能なので、もちろんアンビエントモードも搭載しているので、これなら自転車に乗っているときの風切り音もだいぶ軽減されるのでは?!と期待しています。

ヘッドフォン自体は気に入っているので、超絶良さそうじゃんとは思うんですが、唯一の懸念点としてはイヤークリップが無いところ。自転車って結構前傾姿勢で漕ぐものなので、ポロっと落ちてしまうとその時点でアウトですね・・・。

結局どれを買うべきか・・・

自転車に乗ったり、ジムで運動したりすることを考えると「周囲の音が確実に聞ける」「運動していても落ちにくい」という2点はクリアする必要があるんだけど、今使っているイヤフォンがそろそろ壊れてしまいそうなので早々に何にするか考えないとなあと、いま迷っています。って言ってもAmazonのポイント溜まってからポイントで買っちゃおうかなと思ってんだけどね。

 

シリーズ記事執筆中!特集記事一覧

初心者おすすめのDJ機材からDJたちの歴史、これからのDJについて初心者おすすめのDJ機材、DJコントローラーからDJたちの歴史、これからのDJについて ロードバイク買ってみた!おすすめパーツやメンテナンスロードバイクやクロスバイク買ってみたからカスタムしてみた
Taicoclub(FFKT)からGOOUT、朝霧JAM参戦日記Taicoclub(FFKT)、GOOUT、朝霧JAMなどのキャンプフェスから登山まで 新しいDIY同人誌“ZINE”の歴史や作り方について
- DJはじめるなら、安心のDJスクールへ ! -無料レッスンはこちら