Native Instrumentsからの「FOR THE MUSIC IN YOU」アップデートは、DJだけにとどまらない、音楽制作に携わるプロデューサー/トラックメイカー向け製品にも及んだ。前回はMASCHINEシリーズについて記事にまとめてみたのですが、今回は音源(インストゥルメンツ)やエフェクト関連プロダクトである、KOMPLETEシリーズについてまとめてみました。

KOMPLETEシリーズとは

ここ10年でPCDJソフトウェア「TRAKTOR」や、DJコントローラー「TRAKTOR KONTROL」でDJ業界を一変させたNative Instruments。最近ではiPhoneやiPadでDJできるアプリや、それらに接続して使えるDJコントローラーまでリリースしている。最近ではそういった動きからか、DJ機材メーカーとしてのほうが有名なのかもしれない。ただ、もともとは「PCでリアルタイムに音響を合成する」という野心的な志をもったソフトウェアメーカーだった。その代表作がKOMPLETEソフトウェアだ。

KOMPLETEソフトウェアの誕生から、KOMPLETE 12まで

2003年。Native Instrumentsは、これまでリリースされていた主要なインストゥルメンツ(音源)ライブラリー、シンセサイザー、エフェクト、その他関連プラグインたちを、23枚のCD-ROMにまとめ「KOMPLETE」と名付けた。その後ライブラリーのクオリティとデータ容量は贅沢に増え続け、KOMPLETE 11からはそれまで採用していたDVD-ROMからHDD(ハードディスクドライブ)へ移行した。かつてインストールにHDDを使うソフトウェアがあっただろうか。

Amazonで探す 楽天市場で探す サウンドハウスで探す

現行の最新バージョンである「KOMPLETE 12 ULTIMATE Collector’s Edition」はインストゥルメントと音楽制作に華を添えるエフェクト、コンセプトに応じて様々な音楽制作に取り組めるExpansionsが同梱されていて、その数は150以上、データ容量にして900GBを超える。バージョン13に移行した暁には、1TBを超えそうだ。

KOMPLETE KONTROL

KOMPLETE KONTROLは、KOMPLETEに収録された音源のポテンシャルを引き出すには最高の専用キーボード。鍵盤型のフィジカルコントローラーだ。

Amazonで探す 楽天市場で探す サウンドハウスで探す

特に、KOMPLETE KONTROL Sシリーズは鍵盤にLight Guideと呼ばれるライトがついていて、割り当てられた音やキー(調)音程を表示してくれるので、メロディラインをきちんと作りこみたいトラックメイカーには、とても便利な機材になっている。

EXPANSION

EXPANSIONはKOMPLETEにも含まれる製品群のひとつ。それぞれにはセットのテーマが冠されていて、楽器の音色やワンショットの効果音、ループ素材が含まれていて、KOMPLETEにはバージョンごとに決められた数のEXPANSIONが同梱されています。

例えば90年代のHIPHOPっぽい音をつくりたかったら「INFAMOUS FLOW」。幻想的な雰囲気と鋭いシンセサイザーで、EDMが作りたければ「METEORIC RISE」という具合に、初心者でも簡単に音楽制作ができるようになっている。

 

KOMPLETE 12について

ラインナップは3つから4つ、最大容量は900GB以上へ

KOMPLETE 12は現行の最新バージョン。これまでのシリーズでは、ハードウェア付属のバンドル版「KOMPLETE SELECT」「KOMPLETE」「KOMPLETE ULTIMATE」と3つのバージョンがあった。

そして今回、15周年を記念して「KOMPLETE 12」には、これまで最上級だったULTIMATEバージョンのさらに上に「ULTIMATE Collector’s Edition」というバージョンが追加されている。

KOMPLETE SELECTはNI社のハードウェアに付属

KOMPLETEの最もシンプルなバージョンである「KOMPLETE SELECT」はNative Instrumentsのハードウェアを購入すると付属品として同梱されてついてきます。なので、いきなり高額なパッケージを購入するのがキツイなあという方は、MASCHINE KONTROLなどのハードウェアを購入して、SELECTをゲットしておくのがお買い得。

スペック比較表

KOMPLETEの各バージョンのスペックをまとめてみました。こうしてみると、収録ライブラリに大きな差があることが一目瞭然。

KOMPLETE 12
SELECT
KOMPLETE 12 KOMPLETE 12
ULTIMATE
KOMPLETE 12
ULTIMATE
COLLECTOR’S EDITION
インストゥルメント&エフェクトの数 14 52 101 101
Expansionsの数 3 10 20 50
サウンドの数 7,000以上 25,000以上 45,000以上 90,000以上
サンプルライブラリ 45GB以上 220GB以上 600GB以上 900GB以上
通常価格 ¥24,800 ¥69,800 ¥139,800 ¥198,000
アップデート価格

¥24,800 ¥49,800
KOMPLETE 2-11のオーナー向け KOMPLETE ULTIMATE 8-11のオーナー向け
アップグレード価格
¥12,800 ¥44,800 ¥109,800 ¥139,800
MASCHINE MIKRO Mk3、KOMPLETE KONTROL Aシリーズ、KOMPLETE AUDIO 6のオーナー向け KOMPLETE SELECTのオーナー向け KOMPLETE SELECTのオーナー向け KOMPLETE 8-12のオーナー向け
¥69,800 ¥69,800
KOMPLETE 8-12のオーナー向け KOMPLETE ULTIMATE 8-12のオーナー向け

こうして眺めると、今回発売された「KOMPLETE 12 ULTIMATE COLLECTOR’S EDITION」は通常価格で購入すると、20万円近くする代物。ULTIMATEからアップグレードしたほうが良さそうですね。

 

KOMPLETE KONTROL

KOMPLETEに収録されているもののほとんどはインストゥルメンツ。つまり楽器として再生される音源データなので、操作するためのフィジカルコントローラーは、音色をコントロールするためにキーボード型になる。それがKOMPLETE KONTROLシリーズだ。

KOMPLETE KONTROL S

KOMPLETE KONTROLのモデルには鍵盤の数にちなんだ名前がついています。Sシリーズはこれまでも販売されていたモデルで、ディスプレイ付き。

Amazonで探す 楽天市場で探す サウンドハウスで探す

MASCHINEコントローラーにもついていたディスプレイですが、KOMPLETEの膨大なライブラリーを使うことを考えると、手元で確認しながら演奏できるのは便利。さらにLight Guideがついて、鍵盤が割り当てられた音やキーで光るのもSシリーズの特徴です。

KOMPLETE KONTROL  A

Aシリーズのほうは、2018年9月の大型リリースで発表されたモデル。Sシリーズの廉価版になっていて価格もかなり抑えられています。

Amazonで探す 楽天市場で探す サウンドハウスで探す

ちなみに僕はiMacの27inchディスプレイを使っているのですが、画面が大きければけっこう操作はしやすいので、キーボードはシンプルなものでも良いかもなあと思ったりもします。ただ、Aシリーズのページを見てもKOMPLETE SELECTが付属する旨が書かれていないので、ちょっと注意したほうが良さそうです。

 

理想的でオススメの買い方

KOMPLETE SELECTを入手してからアップグレードしよう

KOMPLETEシリーズはとても高額なので、ハードウェア付属のKOMPLETE SELECTから入手するのが一番無難。となると、KOMPLETE KONTROLのSシリーズが必要になります。

音楽制作をするためにはMASCHINEソフトウェアを

ただ、トラックメイキングをするのであれば、いずれにせよMASCHINEソフトウェアが必要になることに注意。KOMPLETEシリーズはあくまで楽器とかエフェクト、プラグインをまとめたものなので、それだけでもパフォーマンスとして音は鳴らせます。ただやっぱり音楽「制作」を主眼に置いた場合にはMASCHINEソフトウェアは必須。

MASCHINE KONTROLでMASCHINEソフトウェアも入手

楽曲制作までのことを考えると、最初のタイミングで「KOMPLETE SELECT」と「MASCHINEソフトウェア」を容易しておくことが理想的。そうなるとMASCHINE専用のコントローラーである「MASCHINE MIKRO」「MASCHINE MK3」「MASCHINE STUDIO」「MASCHINE JAM」といったハードウェアを買うほうが良いということになります。

Amazonで探す 楽天市場で探す サウンドハウスで探す

①MASCHINEコントローラー買う→KOMPLETE SELECTとMASCHINEソフトウェアを入手する→③使ってみてから、KOMPLETEをアップグレード&KOMPLETE KONTROLを買う、というのが一番良い順番かも。

関連記事:進化するコントローラー -MASCHINE MK3 / MASCHINE MIKRO MK3-

 

おすすめDJコントローラーも!DJシリーズ記事のまとめはこちら

初心者おすすめのDJ機材、DJコントローラーからDJたちの歴史、これからのDJについて

- DJはじめるなら、安心のDJスクールへ ! -無料レッスンはこちら