2018年のNative Instruments Thanksgivingは175製品が半額!

今年もお祭りが始まりました。

欧米の年末セールはじめである「サンクスギビング(感謝祭)」セールがNative Instrumentsのオフィシャルサイトでリリースされました。今年のセール対象品は、というかセールの対象品は毎年ソフトウェアが多いですね。

今年は大型アップデートやリリースが相次いで発表されたこともあるためか、175製品(全てソフトウェア)が半額になっています。

なかでもアツいのはやはりTraktor Proでしょうか。先日もTraktor Proのリリースに関して記事を書きましたが、このタイミングでバージョン3が半額!っていうのは未ユーザーにとっては嬉しいかも。僕としてはKOMPLETE 12が安くなるのでは?と踏んでいたので少しがっかりした感も。

このタイミングでの買い物を検討しているなら、今回のセールで狙うべきなのはExpansionですね。おそらくだけど、この感謝祭セールが終わったらKOMPLETE KONTROLやMASCHINE JAMのようなフィジカルコントローラーが安くなるとは思うので、今のうちに購入しておいて、最後のブラックフライデーセールを待つという作戦は大いにありかなと思います。

他社のトラックメイキングツールではこんなふうにテーマで音のパッケージをつくるっていうのはあんまりやっていなくって、Native Instrumentsならでは。例えば「90年代のHIPHOPっぽい感じのゴージャスな音をつくりたいんだよなあ」と思ったら「INFAMOUS FLOW」を買えば一発、というわけです。

その他にオススメなのは、Expansionではない音素材のほう。Expansionのようにテーマにはなっていないものの、オーケストラ風とか、誰々ん家のピアノ風とか、ちゃんとサンプリングされた音源集も半額になっています。サンプリング主体のHIPHOPよりダンスミュージックなどで、壮大なストリングスを入れたい!と思っている本格的な方にはこちらをオススメ。

FOR MUSIC IN YOUのリリースではKOMPLETE関連のリリースのほうが多かったので、フィジカルコントローラーが安くなるかなとは思っていたのですが、全部ソフトウェアというのは結構意外ですね。

今回Traktor Proがセール対象になっていたので、感謝祭明けのブラックフライデーでは、初心者向けのDJコントローラーなんかが安くなるか、KOMPLETE KONTROLとかMASCHINEシリーズあたりを買うとExpansionもついてくる!みたいな感じになるか、どっちかかなあと予想しています。

 

おすすめDJコントローラーも!DJシリーズ記事のまとめはこちら

初心者おすすめのDJ機材、DJコントローラーからDJたちの歴史、これからのDJについて