Native Instruments社が大規模人員整理を実施中

ベルリンに本社を構える音楽メディア「Cereate Digital Media」が、直近の大規模なレイオフ(解雇および一時解雇)についてNative Instruments社(以下、NI社)からの回答をもらったと報じた。そのなかでNI社は音楽ソフトウェアをプラットフォーム化することを目指しているという答えを引き出すことに成功したようだ。日本語に翻訳しているソースがなかったので、抜粋して紹介してみよう。

Native Instruments has responded to our request for more clarity on recent layoffs and how this impacts their future plans. Other sources tell us there have been deep cuts into teams managing products, marketing, and design.

Native Instrumentsはついに、直近の解雇とそれに伴う計画に対するインパクトを明らかにするための我々からのリクエストに回答した。他の情報源によると、彼らはプロダクトマネージメント部門、マーケティングおよびデザイン部門において大ナタを振るっているとのことだ。

As I wrote late last night, NI has publicly stated they’ve cut 20% of their workforce. I should clarify that that number represents the layoffs executed just on Thursday of last week. Multiple sources have confirmed additional layoffs over the summer push the number closer to at least 150 rather than 100. This includes leaked cuts to the TRAKTOR team in July, and additional product owners, marketing leads, and designers across the company, including the previous Director of Design. Correction: NI clarifies that reductions were as they describe it to part of the Traktor hardware team. I’ve gotten conflicting reports about how deep the Traktor personnel cuts were or what the future of this platform may be.

昨晩書いた通り、NI社は従業員の20%をカットしたと公表した。その数字はちょうど先週の木曜に実行されたレイオフであることを私は明確にしておかねばならないだろう。いくつかの情報源が、この夏の追加レイオフによって、最終的な解雇数が100人ではなく、少なくとも150人に近づいていると確証している。この一連のレイオフ騒動には、7月のTRAKTORチームの件に加えて、以前のデザインディレクターを含む、プロダクト責任者、マーケティング責任者、デザイナーなど全社に広がっているものだ。修正:NI社は「この削減はTRAKTORハードウェアチームの一部に説明している通りだ」と明らかにしている。私は、TRAKTORの人員削減がどれほど深刻なものだったのかというものと、このプラットフォームの将来はどうなるのか?という相反するこれらの報告を受け取った。

話の前提を整理すると、NI社による人員削減の話はこの夏から噂になっていたものの、彼らからはTRAKORチームの一部だという説明しか言及がされていなかった。そこでCDMは直接問い合わせたところ、この人員削減の全貌を公表するに至ったという感じみたいだ。

NI社は統合プラットフォームの構築に向けたものと説明

この人員削減をNI社は経済的な要因によるものではなく、よりチームを協調できるようにするためだと説明している。

CDM:If Native is building a new platform, why were resources cut?

NI:Our new organization aims to break down functional and brand silos that have developed over time through the continuous expansion of our portfolio. Given our broad spectrum of products and the overlap between roles, it means that certain areas of product development are affected more than others by the redundancies. In the past, we have simply been doing too much at the same time and this strategic change as well as internal remapping of talent will allow us to move forward in a more effective and collaborative way.

CDM:Native Instrumentsが新しいプラットドームを構築中だとして、なぜ人員削減を?

NI:私たちの新たな組織編成は、ポートフォリオの継続的な拡大を通じて発展してきた機能と、タコツボ化したブランドたちを分解してしまうことを狙ったものです。製品の幅広い領域とそれらの役割が重複していることを踏まえると、製品開発における特定の領域は、余剰人員の影響を大きく受けていると言わざるを得ません。過去には、同時に多くのことを実行しすぎていた面もあり、この戦略的変更に合わせた内部の配置転換により、もっと効果的かつ協調的な方法で前進することができます。

まあこの説明は合理的な判断だと言えなくはないわけだけど、①人員削減した数が全社の20%に及ぶこと、②NI社が前進させるとしている統合プラットフォームの全貌が見えないこと、という2点において記者も頭を傾げている。

記事にもあるけど、例えばAdobeなんかは複雑で多岐に渡る製品ラインナップを維持し続けて成功しているし、統合されたプラットフォームというものに魅力を感じないとコメントしているひとは多い。NI社のもつDJブランドと音楽制作関連ブランドが統合されたときのインパクトって実はまだ全然見えていない。

ただ、音楽業界のオーバーグラウンドな趨勢としては、今稼げるDJとされているのは実質的にはプロデューサーであり、トラックメイカーなので、そのメジャー市場に殴り込みをかけたい気持ちは分かる。実際Pioneer DJも最新ハードウェアはVJ事業に近づきつつあるわけだし。かねてよりDJと音楽制作の境界線を切り崩したいと、事あるごとに言及しているNI社としては、このOne Nativeとも言えるこの構想は達成すべきひとつの悲願なのだ。

TRAKTORは今年中に新たなハードウェアを投入予定

社内の実情がわからないなかNIユーザーに希望の光があるとすればTRAKTORの新製品に関する情報だ。TRAKTORの将来は?という記者の質問に対して、広報部は今年度中に新製品を出すと明言している。

CDM:What about the future of Traktor?

NI:We continue to be fully committed to our DJ platform Traktor and its passionate users. Also within the DJ domain, we are focusing on improving the software experience, building on the creative and modular legacy of Traktor for both desktop and mobile. Supporting this, we are also continuing to evaluate the right accompanying hardware products. In fact, Traktor users can expect a new hardware controller this year.

CDM:TRAKTORの将来には何がありますか?

NI:私たちはDJプラットフォームTRAKTORとその情熱的なユーザーへ、引き続き全力を尽くしていきます。またDJ関連の領域ではデスクトップ・モバイル双方で、創造性とTRAKTOR資産にもとづく、ソフトウェア体験の改善に注力していきます。これをサポートするために、適切なシリーズハードウェア製品への評価も継続しています。実際、TRAKTORユーザーは今年、新しいハードウェアコントローラー(DJコントローラー)を期待することができるでしょう。

ここで言及している「新しいハードウェアコントローラー」がTRAKTOR KONTROL S4のようなDJコントローラのことを指すのか、はたまたKONTROL Z2のようなDJミキサーか、KONTROL X1、KONTROL F1のような特化型のコントローラーとなるのかは分からない。ただラインナップ的に、そろそろ4ch版のDJミキサーを出してくるんじゃないかな、という気もします。

 

DJ雑記のその他の記事はこちら

 

おすすめDJコントローラーも!DJシリーズ記事のまとめはこちら

初心者おすすめのDJ機材、DJコントローラーからDJたちの歴史、これからのDJについて
- DJはじめるなら、安心のDJスクールへ ! -無料レッスンはこちら