iOSプラットフォームではかなり人気のDJアプリ「djay」をリリースしているAlgoriddim社から衝撃のリリース。

「djay」アプリはiOSはもちろんAndroid端末にも対応していて、パソコンをもっていないDJには重宝されているDJアプリ。その最大の強みは音楽ストリーミングサービス「Spotify」アカウントと連携することで、楽曲を購入することなく定額料金で大量の楽曲を利用できるというところ。以前にも記事に取り上げてみたこともあります(スマホでDJするならSpotify対応のおすすめDJアプリが便利だよ!)。

その最大の特徴ともいうべきSpotify連携機能が削除されるらしい。Algoriddim社が公開したリリースを読んでみると、この流れはdjayアプリというより、Spotify自体の決定のようにも聞こえますが、いったんリリースを紹介してみましょう。

As of July 1, 2020 Spotify will no longer be playable through 3rd party DJ apps.

We wanted to update you on some important changes coming to the future of streaming in djay. Back in 2014, we introduced streaming integration to the djay community, a feature that has had a profound impact on DJing as a whole. Today, streaming has become an integral part of almost every DJ product with new streaming service providers innovating the space for aspiring and professional DJs alike. As far as Spotify in djay is concerned, it’s been a great journey, but soon it will be time to say farewell.

As of July 1, 2020 Spotify will no longer be playable through 3rd party DJ apps. You’ll still be able to use Spotify in djay until the end of June 2020. In the meantime, we’ve introduced new streaming services that will enable you to continue mixing all of the great music you love, plus give you extended access to new content and features. In addition, we’ve prepared steps for you to easily migrate your library to a new supported streaming service. We are committed to make this transition as easy as possible for you and we appreciate your understanding during this process.

ざっと意訳するとこんな感じになります。

2020年7月1日より、SpotifyはサードパーティのDJアプリでは再生できなくなります。

私たちは、djayのストリーミングの未来に訪れるいくつかの重要な変化についてアップデートしたいと思っていました。2014年、私たちはdjayコミュニティにストリーミング機能を導入しました。今日では、ストリーミングはほぼすべてのDJ製品にとって必要不可欠な機能となっており、新しいストリーミングサービスプロバイダが、DJを志す人やプロDJのための広大な音楽空間を革新し続けています。djayアプリにおけるSpotifyという経験は、素晴らしい旅とも言えるものでしたが、まもなくお別れの時を迎えることになります。

2020年7月1日の時点で、SpotifyはサードパーティのDJアプリからは再生することができなくなります。2020年6月末まではまだdjayでSpotifyを使うことができます。それまでの間、私たちは新しいストリーミングサービスを導入することで、皆さんはお気に入りの素晴らしい音楽のすべてをミックスし続けることができ、さらに新しいコンテンツや機能へのアクセスを拡張することができます。さらに、お客様のライブラリをサポートする新しいストリーミングサービスに簡単に移行するための手順をご用意しました。私たちは、この移行を可能な限り簡単に行うことをお約束しますので、このプロセスをご理解いただきますようお願いいたします。

こうして読んでみるとdjay単独の判断というより、Spotifyが3rdパーティーアプリへの楽曲提供を今後は行わない方針へ切り替えた、という感じですね。

公式のリリースとしては「TIDAL」と「SoundCloud Go+」への移行を推奨している模様。リリースのページから移行方法やフリートライアルまで紹介しているのはとても親切な感じしますね。Track Matchというサービスを使うことで、過去に作成していたプレイリストも簡単に移行できそう。

僕個人としてはSpotifyのカタログって微妙だったので、まあ確かに仕方のないことなのかなとも思います。HIPHOPやEDMであれば一通り揃っているSpotifyですが、テクノやハウスミュージックを探し出すと実はあまり掘れないなあと思って、ストリーミングDJというのにあんまり乗り気にならなかったというのが正直なところ。iPhoneやiPad向けのDJコントローラーで簡易的に使ったほうが良いのかもね。

とはいえrekordboxなんかでBEATPORT LINKを使っても、検索しにくかったりとUX的にきちんと設計されたものに仕上がっていない感。iPhoneやiPadでDJする分には問題なさそうですが、クラブなどの現場でストリーミングDJっていうのは、まだまだ先なのかもしれません。

Algoriddim社の公開している移行手順や、上記のリリース本文はこちらからご確認ください。

 

DJ雑記のその他の記事はこちら

 

おすすめDJコントローラーも!DJシリーズ記事のまとめはこちら

初心者おすすめのDJ機材、DJコントローラーからDJたちの歴史、これからのDJについて
- DJはじめるなら、安心のDJスクールへ ! -無料レッスンはこちら